マツダは夢に向かって挑戦する子どもたちを応援します。

マツダは「走る歓び」を目指して、既存のルールや常識にとらわれず、あくなき挑戦を続けています。
そして、常に挑戦を続けるマツダは、自らも夢に向かって挑戦している人を応援しています。
私たちは、「夢に、ともに。」というコンセプトの下、野球が大好きな子どもたちに、
マツダオールスターゲームの憧れの選手との夢の体験を通じて
挑戦することの素晴らしさを体感頂きたいと考え、今年もドリームキッズチャレンジを実施いたしました。
イベントの様子をお伝えします。

  

ドリームキッズチャレンジ 四つの体験

特典1

特典2

特典3

特典4

*こちらの画像は2015年の様子です。

  

今年参加したキッズたちの声

野球選手になってお母さんを喜ばせたい!

ドラフト1位でカープに入団して、200勝投手になれるように、毎日キャッチボールや素振りをしています。今日は選手と話ができて、サインボールももらえてやる気が出ました。将来は必ず野球選手になってお母さんを喜ばせたいです。それまで絶対諦めない!

内富くん(小学2年生)

いつか僕もここに立ちたい!

ノックは緊張したけど面白かった。いつもの練習の成果を出せました!スタジアムはすごく広くてビックリ。いつか僕もここで野球をしたいと思いました。僕の家にはサンタさんがプレゼントしてくれた大きなネットとマシンがあるので、一生懸命練習しています!

一柳くん(小学2年生)

ホームランダービーで、ボールがとても速く飛んできて驚きました。今日の思い出を早くお兄ちゃんやチームのみんなに話したいです。私は練習で、誰よりも大きな声を出して頑張っています。将来は大好きな京都フローラの小西選手のようになりたいです。

藤原さん(小学1年生)

東北に初の甲子園優勝旗を!

稲葉さんにユニフォームを着せてもらったときは緊張しました。それに、選手のノックがすごかった!絶対プロになってここに戻って来たい。僕は福島県に住んでいますが、東北の高校はまだ甲子園で日本一になっていないので、僕が必ず福島に優勝旗を持ち帰ります!

市川くん(小学4年生)

ホームランのボールが、見えなくなるくらい高いところを飛んでいったので本当にビックリしました。僕はまだ身体が小さいので、ごはんをいっぱい食べて毎日練習をして、憧れの大谷選手のように大きくなって、プロのマウンドで完全試合を達成したいです!

佐藤くん(小学4年生)

お客さんがいっぱいで緊張したけど、本当に楽しかった! 僕は大谷選手が163kmを出した日に球場で観ていて、すごい歓声で生まれて初めて身体がブルブル震えました。僕も人を感動させられる選手になりたい。野球も勉強も最後まで諦めずにやり抜きます!

吉村くん(小学4年生)

グラウンドはとにかく広くて、選手は大きくて緊張しました。迫力が本当にすごかった! 僕はどんなに点差が開いていても最後まで諦めず、全力で頑張る気持ちを大切にしています。諦めたらそこで終わり。必ずスター選手になって、トリプルスリーを達成します!

宇津宮くん(小学6年生)

自分のことは自分でやる!

ホームランボールが高く飛びすぎて見えなくなり、プロは本当にすごいなあと思いました。僕は足の速さを生かして、俊足大リーガーを目指しています。そのために練習するだけでなく、ユニフォームも自分で洗います。自分のことを自分でやると、次もまた頑張れます!

藤沢くん(小学5年生)

いつもTVで観ている選手が周りにいっぱいで、不思議な感じでした。私は野球が大好きですが、将来は選手のケガを治してあげられるベースボールドクターになりたくて、登校前にも勉強しています。つねに人の気持ちを考えられるドクターになれるように頑張ります。

中西さん(小学5年生)

アンバサダー 稲葉氏からのメッセージ

アンバサダー 稲葉氏からのメッセージ
ドリームキッズチャレンジ アンバサダー 稲葉 篤紀 氏
(元北海道日本ハムファイターズ)

昨年もドリームキッズアンバサダーに就任し、実際にプロ野球選手に会った子どもたちが、すごく興奮していたのが印象に残っています。今年も子どもたちとのコミュニケーションを大切に、野球の素晴らしさを伝えていきたいです。
当日は球場の中に入ったり、選手に会える夢の機会です。皆さんには積極的に行動し、色々な発見をして、何か1つでも自分の宝物になるようなものを得て欲しいと思います。そのためには、その場で感じたこと、得たことを大切にして、夢を叶えるための糧にしてください。夢に向かって挑戦するには、何事に対しても、あきらめずに前を向くことが大切ではないでしょうか。
挑戦することの歓びを一緒に共有しましょう。

球界からの応援メッセージ

工藤公康監督(福岡ソフトバンクホークス)・真中満監督(東京ヤクルトスワローズ)

黒田博樹選手(広島東洋カープ)

大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)

昨年のドリームキッズチャレンジの様子

マツダの挑戦を体感する