マツダが誇る「匠の技」

生きたクルマをつくる。それは表面的な形をなぞることではありません。
クルマの形にとらわれない、純粋に生命感をカタチにするチャレンジと、マツダがそのデザインの歴史の中で培ってきた高い造形力「匠の技」によって成し遂げられたものです。我々の情熱とこだわりを感じてください。

クルマの繊細な表情を、鮮やかなカラーリングで彩る。

カラーデザイナー 田渕 寛輝

研ぎ澄まされた色彩感覚で、その時のテーマにふさわしいカラーを創り出す。
わずかな色の違いが生むニュアンスを察知し、その造形に美しく映える色を追求していく。
カラーデザイナー、田渕寛輝。繰り返し検証を重ねて生まれた色が、クルマの魅力をさらに輝かせる。

無限に存在する色の中から、
理想と思えるひとつの色を見つけ出す。

カラーデザイナーは、クルマのボディカラーをはじめ、内装に使われる革や布の色、素材をデザインする。「色って、誰でも気軽に感覚で評価ができるものだと思います。その声は大事。でもプロとして、そのクルマにとって最もふさわしい色は何か、またその感覚が正しいのかは冷静に見極めなければなりません」。

カラーデザイナー 田渕 寛輝

もちろん、自分の直感を信じることは重要だという。「根拠はないけれどいいなと思っていた色が、その時のテーマにぴったりとハマっていくことはあります。しかし、提案に説得力をもたせるためのリサーチは必ず行います。直感を信じながら、その良さを検証することで、結果的に強い色提案になることが多いように思います」。人の感覚に大きく委ねられるカラーデザインという仕事。その難しさと面白さを、いつも感じているという。

クルマのコンセプトを表現しながら、造形を際立たせる、
唯一無二のカラーを追求していく。

カラーデザイナー 田渕 寛輝

ボディカラーをデザインする際にも、マツダのクルマづくりの思想は当然反映される。「まずはクルマのコンセプトを的確に表現したいという思いがあります。そして、造形を際立たせることを頭に入れながら、色や素材感の検討を始めます。それが緊張感や躍動感のある“魂動デザイン”の表現へと繋がっていくのだと思います。色バリエーションを揃えるための新色は、よほどの理由がないかぎり淘汰されてしまいます」。

そして、つねにクルマに乗る人の暮らしに溶け込むような色づくりを意識しているという。「そのクルマの色は、お客様の生活の一部になるわけです。色だけが浮いてしまうクルマは理想ではありません」。そのためにこだわっているのが、色の“素材感”。「例えばセラミックの塊感、水のような潤いの艶感、光を感じる発色など。色に素材感という要素が入ることで、モノとして質感をともなった自然な表情に仕上がります」。色とクルマに一体感が生まれ、見る人にも違和感なく受け入れてもらえるようになるという。

本質的な良さを引き出すことと、新しさ、どちらも重要。
個性は着眼点にあらわれる。

田渕は、自分なりのマツダデザインをこう考える。「“なんで今までなかったんだろう”と思えるぐらい自然に心が動かされ、愛着をもって長く使ってもらえるものを目指しています。色やクルマの本質的な良さを引き出すことと、新しさへのチャレンジ、どちらも重要です」。各々の個性は、それらを表現する中での着眼点にあらわれる。

カラーデザイナー 田渕 寛輝

今後は、さらに新しいプレミアム表現を追求したいという。「自分にとってもっと心地よい、リアルな豊かさ。そんな世界観をカラーデザインで表現できたらと思います」。これから大人になっていく若い世代や変わっていく価値観に想いを馳せた時、様々な表現が求められるのではないかと思っている。クルマのカラーデザインを通して、新しい価値を生み出したい。そんな目標に、田渕は今日も取り組んでいる。

優れた技術や思想が響きあい、
新たなプロダクトを生み出すMazda Design。

実際の色は、塗料メーカーと検証を重ねることが多いという。素材や色味を微調整しながら、理想をギリギリまで追求する。
また量産車への塗装のため、場合によっては工場の設備を変えることまで踏み込んだ相談を、生産部門と行なうこともあるという。
ひとりの情熱はチーム全体を動かすエネルギーとなり、多くの人の心をとらえる美しさを創造していく。

※2015年9月14日現在

優れた技術や思想が響きあい、新たなプロダクトを生み出すMazda Design。

  

マツダが誇る「匠の技」 関連記事

おすすめ

"魂動"が艶めく、かつてない質感 匠塗 TAKUMINURI

垣根を超え生まれた、匠塗の”第二章” 匠塗 TAKUMINURIつくり手の想い

マシーンへの想いを表現した新たな色/Be a driver.Experience体験ムービー

「絶対赤にして」彼女の直感で決めた色 Be a driver.Experience体験ムービー

「私が持ちたいのは、思い切り心を込めた本物」

カーラインナップ