デザイナーご紹介

松田 陽一

松田 陽一

CX-3
チーフデザイナー

鈴木 康郎

鈴木 康郎

CX-3
エクステリアデザイナー

田渕 寛輝

田渕 寛輝

CX-3
カラーデザイナー

本質の追求から生まれた、次世代のスタンダード。

美しいスタイリングをまとい、洗練された存在感を放つ「CX-3」。
そのデザインは、既成の枠にとらわれない新しい表現を模索し続けることで誕生したものでした。
今回、開発に携わった3人のデザイナーが、このクルマに注いだ情熱を語ります。
いくつものハードルを乗り越え、最後まで理想を追い求めた彼らの想いをお聞きください。

要素を足すのではなく、
造形の本質的な美しさで勝負する。

松田
CX-3のスタイリングを考える時に最初に思ったのは、いわゆるクロスオーバーと呼ばれるクルマの外観って記号性に頼る傾向があるじゃないですか。アンダーガードつけたり、ルーフレールつけたり。そういうやり方だと、僕らが目指す既成のジャンルを超えた存在には決してたどり着けない。なので、まずはそうじゃない方向にしようと決めました。

要素を足すのではなく、造形の本質的な美しさで勝負する。

CX-3 チーフデザイナー 松田陽一

松田
要素を足すのではなく、造形の本質的な美しさで勝負しようと。まずはデザイン上の骨格をしっかりと定めて、そこに必要な筋肉だけを盛りつけていく。贅肉はつけずに、ボディビルのような見せる筋肉もつけない。切れの良さのある引き締まった身体をイメージしながらデザインしました。この考え方は、マツダのデザインコンセプト“魂動”にもつながります。最低限の要素で躍動する生命感を表現する。

さらに知性を感じさせることで、研ぎ澄まされた凛々しい印象をさらに際立たせる。まずはこのようにデザインの方針を固めていきました。

鈴木
“自分たちが欲しくなるクルマをつくろう”って合い言葉も、ありましたよね。

松田
そう。CX-3には前のモデルが存在しないので、好きなことを思い切ってやれる状況があった。だったらやりたいことをやろう。自分たちが欲しいと思うクルマをつくろう。そんな気持ちが、僕ら自身のモチベーションになって、今回の開発を最後まで支える原動力につながったと思いますね。

多くの法定基準をクリアしながら、
いかに凛々しい顔をデザインできるか。

鈴木
CX-3は、初めてプレゼンスモデル(テーマモデル検討前に実寸で存在感を確認するモデル)を見た瞬間に、あ、いいなって思いました。このクルマは絶対カッコよくなる。そんな予感がありましたね。だからデザインを担当することが決まった時はとてもうれしかったです。

松田
プレッシャーあったと思うけど?

CX-3 エクステリアデザイナー 鈴木康郎

鈴木
今回はプレゼンスモデルの評価がすごく高かったのですが、これよりもっと美しくそして完成度を上げなければ。それはプレッシャーでしたね。量産車を見た社内の人間から、『なんか、変わっちゃったね』とは絶対に言われたくなかった(笑)。

松田
エクステリアのデザインでとくに力を入れたのが、フロントマスク。ちょっと抑えたクールさを出したいと思いました。端的にいうとハンサム顔。凛々しい表情にしたいなと。

鈴木
そのために考えたのが、“意思のこもった顔つき”です。自分の意志があらわれている表情をつくるため、全体感を見ながら各部を微妙に調整していきました。その一方で考慮しなければならないことがあります。“法定基準”です。フロントまわりには、衝突安全基準など、各パーツの位置や形を制限してしまう規定が山ほどあります。それらを全部クリアしながら、理想の表情に近づけていかなくてはならないのです。本当に大変でした。

人の手が削り出した完璧な造形。
チームの力で勝ち取った理想のデザイン。

CX-3

鈴木
ヘッドライトの下のウインカーレンズにそって伸びる黒い突起。僕らが“牙”と呼んでいたこの部分は、ウインカーを保護する役割を与えながら、まわりの造形と調和するようにデザインしたものなんです。

松田
この部分にも各国の法定基準があって、条件によってランプの位置や周辺の形が大きく変わってくる。

鈴木
そこをコンマ1mmずつ調整しながら、全体感を壊さないような造形を探っていきました。こっちを変えると、あっちも変わる。その繰り返し。パーツのサイズや配置の細かいバランスをずっと検証していたので、最後のほうは、タイヤの空気圧の差によるクルマの傾きまでわかるようになって(笑)。アイディアも枯れるほど絞り出し、正直もう二度とやりたくない感じです(笑)。

松田
計測の時にも、ドラマがあったよね。

鈴木
そうですね。造形の造り込みと要件の検証を重ねて最終的な位置でモデラーがフィニッシュの造形をするのですが、コンマ代の世界ですのでどうしても誤差は出ると思っていました。完成後に三次元測定してデータの中で微調整しようと考えていましたが、結果は全ての要件をクリアして、コンマ1mm以下の精度で収まっていました。それを確認した瞬間鳥肌が立ちました。必要な要件と狙いの造形をきっちり作り上げる、達成感と同時に、ものすごいモデラーのスキルも感じました。

松田
そういうドラマも含めて、CX-3のデザインはチームの力で達成できたものだと、本当に思いますね。

見たことのない色をつくる。
この難問に取り組み続ける日々。

松田
このクルマの開発では、これまでにないボディカラーが生まれました。それが“セラミックメタリック”です。CX-3には、黒というまわりを引き締める色が各部に入っています。これをふまえて黒と引き立つ明るい色で、なおかつスタイリッシュな無彩色系、それでいて新しい色が欲しいと、無茶なことを言いまして(笑)。

CX-3 カラーデザイナー 田渕寛輝

田渕
すごくチャレンジングな試みでした。やりたい方向性はわかるんですが、まだ誰も見たことがない色とクルマなので。どんなふうに見えるのか、完成形が浮かぶようで浮かばない、そんな感じが続きました。

松田
開発当初、この色は暗い環境での色があまりよくなかったんですよね。屋内の駐車場とか、曇りの日とか。最後までまとまらなかったら、最悪、いわゆるシルバーでいくしかないかなとも思っていました。

田渕
それでも、なんかいいねって言ってくれる人も多くて。検討をやめてしまうにはもったいない不思議な魅力があったんです。とにかく色味や質感を検証して、微妙に塗料の配合を変えながら、カラーサンプルをつくり続けました。そしたら最後の最後に、これだ!という色にたどり着いた・・・。

時にはホワイト、時にはグレー。
まったく新しいボディカラーが誕生する。

CX-3 カラーデザイナー 田渕寛輝

田渕
それは、環境によって想像以上に見え方が変化する色でした。明るい場所では白く輝き、暗い場所ではソリッドなライトグレーの印象になる。そこまではある程度は予測できていたんですが、ある瞬間にマットっぽく見えるという効果は予想以上でした。

松田
普通のシルバーとかメタリックは、明るい・中間・暗い・がはっきりと分かれて見えるイメージなのでが、この色は中間から暗いが滑らかに変化し、その中にハイライトが際立つように見えます。それがマットっぽくも感じさせる、とても新しい印象の色ができたと思いました。

田渕
このマットっぽい硬質感がセラミックという印象につながっているのだと思います。無彩色で明るくて、しかもカッコいいという無茶な要望だったんですが(笑)。実現すると、スッとハマりましたね。

松田
確かにセラミックメタリックは、CX-3の狙いだったクールなスタイリッシュさをしっかりと体現していました。マツダのモノづくりってかなりの現物主義的なところがあって、最終モデルでみんながハッとできるかが決め手なんです。どんなに七転八倒しても、最後に100点を決めることが求められる。今までにないボディカラーをつくるというチャレンジは、執念で何とかカタチにすることができました。

“見えない軸”を認識すること。
本物感のある造形美は、そこから生まれる。

CX-3

松田
クルマづくりはチームで行なうものなので、基本的な方向性や押さえるポイントは各メンバーで共有する必要があります。CX-3も新しいデザインといいながら美しい立体のセオリーはしっかり守っているんです。前にも言いましたが、まずはデザイン上の骨格を決めている。前のエンブレムから背骨が始まって、肩骨があって、腰骨があって、それが後ろのエンブレムまで貫かれているイメージです。

それに添うように筋肉がついていると。そういう“見えない軸”を全員が共有しているから、チームで動いてもデザインの軸がブレないのです。

鈴木
この基本があるから、シンプルな構成要素で本物感のある造形ができるし、研ぎ澄まされた存在感も生まれます 。

松田
さらにクロスオーバーならではの新しいアプローチも、この基本の上に乗っているからこそ生きてくるのです。軸を感じるからフロントマスクは凛々しく見えるし、美しい造形があるからセラミックメタリックみたいな色も映える。CX-3は、そういうクルマなんです。

常識を覆すようなスタイリングと、
本質的な美しさをあわせもつ一台を目指して。

松田
あらためてCX-3のデザインを振り返ったけど、2人はCX-3を通して、どういうことを表現したいと考えていた?

鈴木
いい意味で常識を超えたいと思っていました。コンパクトカーなんだけど、便利さではなくクールでハンサムな雰囲気を目指す。コンパクトカーへの先入観を逆転させるほどのカッコよさを、妥協することなくデザインしていきました。お客様に、そんな僕たちの想いを感じていただけたらうれしいですね。

田渕
まずは自分が欲しくなるような本質的な美しさがあって、それにプラスして新しさや若さみたいなものを感じられる表現を目指しました。ただ単に新しいというだけでなく、やっと出会えたような、ずっと前からいたような、そんな日常生活に溶け込む自然な存在感を意識したつもりです。

松田
やっぱり本質的な所はこだわって造り込み、そのうえで新しさも見せていく。このクルマは、機能も研ぎ澄ましたうえで押さえるべきところはきっちり押さえてます。“カッコいいけど座れないイス”ってあるじゃないですか。ああいうのは全然狙ってません。ちゃんと座って使えるイスでありながら、感性もに訴えかける魅力もしっかりと持っている。そういうものが、いつの時代でも“次世代のスタンダード”になっていくんじゃないかと思います。

CX-3

CX-3

  

CX-3に宿る美しいデザイン 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「なるほど納得。さっそく家でも試してみます」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ