自動ブレーキをはじめ、マツダの予防安全技術が高評価を獲得

Topics


マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載したアクセラが、平成28年度自動車アセスメント予防安全評価*1(前期分)において最高ランク*2の「ASV++」を獲得。

ASV++

*1 自動車アセスメント(JNCAP)は、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が、安全な自動車の普及を促進する目的で、平成7年度より公表している自動車の安全性能評価。現在市販されている自動車の安全性能について衝突安全性能、歩行者保護性能などに加え、平成26年度から予防安全性能の評価結果を公表しています。
*2 対象装備:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)※1スマート・ブレーキ・サポート(SBS)※1車線逸脱警報システム(LDWS)※1バックモニター※2
※1 一部グレードに標準装備、またはメーカーセットオプション設定 ※2 ショップオプション設定

歩行者対応自動ブレーキ評価をはじめ
マツダの優れた予防安全性能を証明。

自動車アセスメント予防安全評価とは

車両および歩行者との衝突回避または衝突被害軽減を支援する被害軽減ブレーキ、車線のはみ出しを検知・警告する車線はみ出し警報、バック時の視界情報を支援する後方視界情報提供装置の安全性能試験を実施し、車両の予防安全性能を「ASV++」、「ASV+」の2段階で総合評価。平成28年度(前期分)から新たに歩行者対応自動ブレーキ評価が加わりました。(主催:国土交通省/独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA))

  

i-ACTIVSENSE

クルマが危険を察知し、ドライバーに警告を発することで安全運転をサポートする独自のアクティブセーフティ技術がマツダの「i-ACTIVSENSE」です。
これらを構成する安全技術のひとつである「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」により、平成28年度(前期分)から新たに加わった歩行者対応自動ブレーキ評価で、高い評価を獲得しました。

アドバンストSCBSとは

前方の車両/障害物/歩行者を検知し、衝突の危険があると認識すると自動的にブレーキを制御して、衝突回避のサポートまたは衝突による被害の低減を図ります。

マツダの安全技術「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」からの進化ポイント

前方検知のデバイスをフォワードセンシングカメラへ変更

これにより、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」の近赤外線センサーに比べて検知角度は約2倍に拡大し、先行車のみでなく歩行者の検知も可能となりました。詳細は技術紹介Movieをご覧ください。

技術紹介:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)


アクセラと同じ先進安全技術を装備する*マツダ車

CX-5

ATENZA

AXELA

*装備内容はグレードにより異なります。


開発者インタビュー
「究極の目標は“衝突エネルギーをゼロにする” こと」

今回のマツダの予防安全性能に対する評価について、「i-ACTIVSENSE」の量産開発担当者である小嶋浩一、野村文彦、中岡元男に話を聞きました。

  

そもそも“自動で停まる”事態にしない。それがマツダの考え方。

そもそも“自動で停まる”事態にしない。それがマツダの考え方。
統合システム開発本部 小嶋浩一

「最高評価の獲得については、今までがんばってきたことが報われたと素直にうれしく思います。今回は“自動で停まる” という技術で評価されたのですが、必ずしもそこだけにこだわっていたわけではありません。マツダのクルマづくりは人間中心なので、運転の介入はあまりしたくない。あくまで安全に運転できる環境をドライバーに提供したうえで、最終的な局面にだけ自動ブレーキを作動させる。それがマツダの安全に対する基本的な考え方です。だから自動で停まる前にこそ、多くの安全技術の積み重ねがある。そこが重要だと思っています」。

広角レンズによるカメラの進化。そして制御という新たな課題。

広角レンズによるカメラの進化。そして制御という新たな課題。
電子開発部 野村文彦

「アドバンストSCBSに関しては、今回カメラを広角にし、解像度も上げました。これによって危険を感知する精度が向上しています。やはり歩行者が車道に飛び出してくることを想定すると、いち早く状況を感知するためにカメラは広角にしたほうがいいのです。しかし、広角にすることで必ずしも必要ではない情報も感知することになり、その制御が新たな課題として生まれます。感知した後の判断や制御にはまだまだ開発が必要だと感じています」。

人間を研究することで、交通事故のない社会が訪れると信じて。

人間を研究することで、交通事故のない社会が訪れると信じて。
電子開発部 中岡元男

「予防安全についての今後については、クルマの周囲を360度すべて把握できる仕組みをつくること。そして衝突エネルギーをゼロにすること。これが究極の目標です。“衝突エネルギー・ゼロ”なんて衝突してないってことになるんですが(笑)。開発ではそういう言葉を掲げて、スタッフの意識を統一しています。そしてそれを人間中心の発想で実現したい。つまり、あくまで人間が運転しながら衝突事故を起こさない仕組みをつくり上げたいと思っています。安全に運転するとはどういうことかを突き詰めて開発に取り組んでいます。今後は、歩行者側の心理や行動の研究も重要になるでしょう。結局、安全技術って人間を研究することに尽きるんだと思います。その結果、いつか交通事故のない社会を実現することができれば、素晴らしいことだと思いますね」。

マツダの安全技術は独自の安全思想「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」に基づき生まれる。

マツダの安全思想について詳しく


歩行者対応自動ブレーキ
「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」搭載車種*

CX-3

CX-3

先進の安全技術を搭載したプレミアム・コンパクト・クロスオーバー。
デザイン、走り、安全、このクルマはクラス概念にとらわれない。

詳しくはこちら

CX-5

ATENZA

AXELA

*装備内容はグレードにより異なります。


カンタン見積り

試乗車検索

販売店検索

カタログ請求