クルマが危険を察知し、ドライバーをサポートする。

ドライバーが余裕を持って回避できるように、クルマがアクティブに危険を探しだす。
それがマツダの安全技術、i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)。
ミラーに映らないドライバーの死角にもセンサーを張り巡らし、危険を察知したら警告を発します。

事故を未然に防止する、
マツダのアクティブセーフティ技術

センサーで危険を察知しドライバーに警告を発することで、事故を未然に防止する技術です。

夜間の視認性を飛躍的に高める。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

誰もがストレスや不安を感じることなく運転を楽しめるよう、面倒な操作なしに夜でも昼間のように前方を見やすい状況をつくり出すのが、ALHの役目。

照射範囲を自動でコントロールできるグレアフリー(防眩)ハイビームと、より広い範囲を照射するロービームを組み合わせることで夜間の視認性を高め、ドライバーの危険認知をサポートします。

グレアフリー(防眩)ハイビーム

ハイビームには、4ブロックに分かれたLEDを個別に点灯・消灯できる方式を採用。

グレアフリー(防眩)ハイビーム

ハイビームでの走行を基本として、フロントガラスに設置したカメラで対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知すると、その部分を含むブロックのLEDを消灯して照射範囲をコントロール。相手に眩しい思いをさせることなく、ハイビームの優れた視認性を確保できます。約40km/h以上での走行時に作動します。

ワイド配光ロービーム

約40km/h以下での走行時に、これまでのロービームでは光が届かなかった左右方向を、ヘッドライトの外側に備えたワイド配光ロービームで照らし出し、夜間の交差点などでの視認性を高めます。

ワイド配光ロービーム

ハイウェイモード

約95km/h以上の高速走行時にヘッドランプの光軸を自動で上げ、より遠方の視認性を向上。標識や障害物などのより早い認知をサポートします。

ハイウェイモード

関連技術

ハイビーム・ロービームを自動で切り替え

ハイビーム・コントロール・システム(HBC)

進行方向にヘッドランプを照射し視界を確保

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)


疲労や注意力低下を検知、車線の逸脱を警告。

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)

「逸脱回避支援」または「ライントレース」のいずれかを選択可能。いずれも約60km/h以上で走行中、フロントガラスに設置したカメラで車線の区画線を認識します。

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

疲れの蓄積や注意力の低下などによる事故の抑制を図るシステムです。

LAS「逸脱回避支援」イメージ図,LAS「ライントレース」イメージ図

「逸脱回避支援」では、注意力の低下などによるドライバーの無意識な車線逸脱を防ぐため、逸脱を予測すると車両を元の位置に戻すようにステアリングをアシスト。「ライントレース」では、ドライバーの負担を軽減させるため、車線の中央を維持しながら走るよう、ステアリングをアシスト。さらにコーナリング時には、道路の曲率に合わせた操舵角へと導くことで安心の走りをサポートします。

DAAイメージ図

エンジン始動後、車速が65km/hを超えるとシステムが作動し、まだ疲れていない状態でのドライバーの運転とクルマの動きを学習。その後、学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出ると、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイ(MID)に休憩を促すマークを表示するとともに、警報音でドライバーに通知して休憩を促します。

関連技術

車線からの逸脱を予測し警告

車線逸脱警報システム(LDWS)


その他のアクティブセーフティ技術

後側方から接近する車両を検知

リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

先行車や車間距離を認知

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

車間認知支援システム(DRSS)&前方衝突警報(FOW)


万が一の場合に被害を最小限にする、
プリクラッシュセーフティ技術

万が一事故が避けられなくなった場合に、自動制御により事故衝撃や被害を最小限にする技術です。

後退時も対応。低速時の衝突被害を、ブレーキの自動制御で軽減。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)後退時&AT誤発進抑制制御後退時

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)

低速走行時に前後のクルマや障害物を検知してブレーキを自動制御し、追突事故や後退時の衝突被害を軽減。
また、駐車場などでの前進時・後退時に、アクセルとブレーキの踏み間違いやシフトレバーの入れ間違いによる急加速を抑制します。

前進時

SCBS F:約4-30km/hで走行中、フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーレーダーで先行車を捉え、衝突の危険性を判断。衝突の危険性が高い状況下でブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮します。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。
AT誤発進抑制制御:約10km/h以下での徐行前進や停車時、前方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上に踏み込まれた場合に、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

後退時

SCBS R:約2-8km/h以下で後退時に、リアバンパー中央部の2つの超音波センサーで障害物を捉え、衝突の危険性を判断。自動ブレーキをかけて衝突の被害を軽減します。

関連技術

中高速時の衝突被害を、ブレーキの自動制御で軽減

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)

参考動画
 

SBS / SCBSの違いと効果実験

  

安心で安全な運転のために 関連記事

おすすめ

マニフェスト

名匠と語る、日本の美

なによりも安全であること。それが、「走る歓び」の基本

子どもの安心のために、子ども視点のクルマづくり

「ここまで開発していたなんて!」

カーラインナップ