マツダの安全は、
自動ブレーキだけでは終わらない。

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。それが、マツダの安全思想です。
この考えに基づき開発したのが「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術群。
さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑えます。

NEWS


マツダは2017年度中に、AT誤発進抑制制御、車線変更時や駐車場などでの後退時に危険を警告する技術(RCTA、BSM)、
衝突被害軽減ブレーキ(※1)を、ほぼすべての新世代商品(※2)を対象に順次標準化します。

※1 SCBS F、SCBS R、アドバンストSCBSのいずれか(複数の場合を含む)
※2 デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5が対象

  
  

標準装備化を進める先進安全技術が、
いつものドライブをサポートします。

運転中、少し気を抜いていたら、 前のクルマにぶつかりそうに!

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)(*3*6)

そんな時のために

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)(*1*2)

約4~30km/hでの低速走行時に先行車や障害物を近赤外線レーザーレーダーが検知してブレーキを自動制御し、衝突の被害を軽減します。

設定車種  デミオ

バックでクルマを出すとき、 後ろに下がるつもりが、前に進んでしまった!

AT誤発進抑制制御[前進時](*3*5)

そんな時のために

AT誤発進抑制制御[前進時](*1*3)

停車時や徐行での前進時に、前方に障害物があるにも関わらずアクセルが一定以上踏み込まれた場合には、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

  
  

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

  

車線変更の時、 ななめ後ろの死角にいたクルマに気づかなかった!

そんな時のために

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)(*1*4)

約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラーのインジケーターが点灯。その状態でウインカーを出すと、インジケーターの点滅と警報音で警告します。

駐車場からバックで出るとき、隣に駐車している 車両の陰から急に現れたクルマにヒヤリ!

そんな時のために

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)(*1*5)

駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートします。

  

  

認知支援の技術


  

状況に応じてヘッドライトを最適な範囲に自動照射。

  

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)(*1*6)

複数に分割したLEDを個別に自動点灯/消灯し、面倒な操作なしに夜でも昼間のような前方視界をつくり出します。

  

グレアフリー(防眩)ハイビーム

約40km/h以上での走行時、対向車や先行車が眩しくないように複数に分割したLEDで部分消灯しながら、ハイビームでの良好な視界を確保。

ワイド配光ロービーム

約40km/h以下での走行時、ロービームをワイドに照らし、車両近くの左右視界を拡大。交差点などでの視認性をアップ。

ハイウェイモード

約95km/h以上の高速走行時、光軸を自動で上げて、より遠方の視認性を向上。標識や障害物などの素早い認知をサポート。

※市街地走行時や外部の照明環境、走行スピードなどにより、機能が一部制限されます。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

※CX-5には左右各12ブロックのLEDを採用

  


アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)(*3*7)

夜間のカーブ走行時、車速とステアリング舵角を検知して進行方向を照射。カーブに応じた視界を確保します。


ハイビーム・コントロール・システム(HBC)(*3*7)

約30km/h以上で走行中、対向車や先行車がいない場合には上向きに切り替わり、ハイビームでの走行機会を増やすことで、夜間の前方視界確保をサポートします。

  

車線に沿った安全走行をアシスト。

  

レーン・キープ・アシスト・システム(LAS)(*1*7)

車線逸脱を防ぐためにステアリングをアシストする「逸脱回避支援」、または、車線の中央やカーブに沿って走るようアシストする「ライントレース」の機能が選べます。

設定車種  アクセラアテンザCX-5

車線を越えそうなふらつきを警告。

  

車線逸脱警報システム(LDWS)(*1*7)

フロントガラスに設置したカメラで車線を認識し、車両がその線を踏み越える可能性があると判断すると、ドライバーに注意を促します。

※アクセルやウインカーなどの操作から意図的な運転と推定される場合は不要な警報を発しないよう工夫しています。

  

アクティブ・ドライビング・ディスプレイで交通標識の見落としを防ぐ。

交通標識認識システム(TSR)(*3*10)

交通標識認識システム(TSR)(*1*8)

走行中にカメラで交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告して、安全運転をサポートします。

※車種により識別する交通標識は異なります。詳しくは取扱書をご確認ください。
※画像は、ショップオプションのナビゲーション用SDカードPLUS装着時のイメージです。

設定車種  CX-3アクセラアテンザCX-5

ドライバーの運転とクルマの動きを学習し、休憩をうながす。

  

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)(*1*8)

エンジン始動後、車速が65km/hを超えると作動し、疲れていない状態でのドライバーの運転とクルマの動きを学習。その後、学習したデータと実際の運転状況に大きな違いを感知するとドライバーに休憩をうながします。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

  

  

  

衝突回避支援/被害軽減の技術


  

先行車や前方の歩行者などを検知してブレーキを自動制御。

  

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)(*1*9)

前方の歩行者や先行車をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避のサポート、または衝突被害の軽減を図ります。

設定車種  CX-3アクセラアテンザCX-5

後退時に障害物を検知してブレーキを自動制御。
  

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)(*3*6)
イメージ図

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)(*1*2)

約2~8km/h以下で後退時に障害物を超音波センサーが検知してブレーキを自動制御し、衝突の被害を軽減します。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

  

ペダルの踏み間違いなどによる誤発進を抑える。

AT誤発進抑制制御[後退時](*3*5)
イメージ図

AT誤発進抑制制御[後退時](*1*3)

停車時や徐行での後退時に、後方に障害物があるにも関わらずアクセルが一定以上踏み込まれた場合には、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

前進時に機能する安全装備も設定
AT誤発進抑制制御[前進時]

先行車への近づきすぎをお知らせ&ブレーキを自動制御。

  

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)(*1*10)

約15km/h以上で走行中、先行車を捕捉。衝突の危険があると判断すると音や表示で警告。さらにはブレーキを自動制御し、衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

  

後方の障害物を感知して警告。

リアパーキングセンサー

リアバンパーの超音波センサーが近距離の静止物を感知し、警告音でドライバーに注意をうながします。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

  

  

  

運転支援の技術


  

先行車との車間を維持しながら追従走行。

  

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)(*1*2)

約30~100km/hの範囲で先行車との速度差や車間距離を計測し、設定した車間距離を保つように自動で車速をコントロール。MRCCが、長距離走行などでのドライバーの負担を軽減します。

※CX-5は0~100km/hまでの速度域で追従走行。

設定車種  デミオCX-3アクセラアテンザCX-5

  

  

  

マツダの「安全運転サポート車」ラインナップ

  

マツダは安全をクルマの基本設計から考える。
「こだわりのドライビングポジション」

マツダは安全をクルマの基本設計から考える。 「こだわりのドライビングポジション」

正しいドライビングポジションは、適切なペダルレイアウトから生まれます。自然に足を伸ばした先にペダルを配置することで、ドライバーの疲労を軽減するだけでなく、危険な目に遭った際、瞬時に動けるように設計しました。
安全・安心は走る歓びを支えるからこそ、マツダ独自のこだわりとしてクラスを問わず反映しています。

  

  

先進の安全技術を次々と標準装備へ。
まずは、コンパクトカーのデミオから。

  


*装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。

*1 ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、DAA、MRCC、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSRは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。 
*2 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。 
*3 道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。 
*4 天候状況(雨・雪など)、接近車両の状況(自車に接近してこない、速度差がなく長時間並走しているなど)、道路状況(道路幅が極端に広い・狭いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。 
*5 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や駐車車両の状態などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*6 周囲に光源があるとき(街灯・信号機など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い・起伏が激しいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。システムを過信せず、つねに周囲の状況に注意して、必要に応じて上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)を切り替えるなど安全運転を心がけてください。 
*7 天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。 
*8 対象標識(明るすぎる・暗すぎる・汚れ、雪、木などで隠れているなど)、天候状況(雨・雪・霧など)道路状況(カーブが連続する道路など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*9 対象物(特殊な外観をした車両や、部分的に見えている・もしくは隠れている車両や歩行者など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路、夜間や夕暮れなど視界の悪い時など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。 
*10 対象物(レーダー波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

カンタン見積り

試乗車検索

販売店検索

カタログ請求