マツダの安全は、自動ブレーキだけでは終わらない。

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。それが、マツダの安全思想、“ MAZDA PROACTIVE SAFETY ”です。さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑えます。

MAZDA PROACTIVE SAFETYの考え方

MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)

  

クルマの基本設計である良好な運転環境(視界視認性、操作性)と、 優れた操縦安定性で安全運転をサポート

マツダの理想の走りは、理想のドライビングポジション(運転姿勢)から生まれる。

ドライビングポジションについてさらに詳しく

安全運転と情報操作を両立させる、“ヘッズアップコクピット”という考え方。

ヘッズアップコクピットについてさらに詳しく

人間特性の研究から生まれた、マツダ独自の視界性能。

視界性能についてさらに詳しく

クルマを操れる感覚をさらに高い次元に引き上げる、G-ベクタリング コントロール。

G-ベクタリング コントロールについてさらに詳しく

先進安全技術でドライバーに危険を気付かせて安全運転をサポート、 または事故の被害を軽減。

マツダの安全思想に基づき開発した
「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術群。

i-ACTIVSENSEについてさらに詳しく

  

NEWS

  

  

マツダの安全は、自動ブレーキだけでは終わらない。

セーフティTOPを見る

  

おすすめ

カーラインナップ