MAZDA PROACTIVE SAFETY の
思想に基づいた安全技術の数々

クルマが危険を察知し、ドライバーをサポートする。
「i-ACTIVSENSE」

ドライバーが余裕を持って回避できるように、クルマがアクティブに危険を探しだす。それがマツダの安全技術、i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)。ミラーに映らないドライバーの死角にもセンサーを張り巡らし、危険を察知したら警告を発します。

i-ACTIVSENSE

SBS:スマート・ブレーキ・サポート、ALH:アダプティブ・LED・ヘッドライト、DAA:ドライバー・アテンション・アラート、SCBS F:スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時]、SCBS R:スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]、MRCC:マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール、BSM:ブラインド・スポット・モニタリング、LAS&LDWS:レーンキープ・アシスト・システム&車線逸脱警報システム

「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」について

良好な運転環境を提供し、
万一の際にも、影響をできる限り小さくする

■ベーシックセーフティ技術

良好な運転環境と優れた操縦安定性で安全運転をサポート

【 0次安全 】

■パッシブセーフティ技術

万一の衝突時に乗員を保護し、被害を軽減

【 衝突時の乗員保護 】

【 歩行者事故時の被害軽減 】

  

安心で安全な運転のために 関連記事

おすすめ

マニフェスト

マツダが誇る” 匠の技” 色と素材で、デザインに“質感”を与える

なによりも安全であること。それが、「走る歓び」の基本

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

「ここまで開発していたなんて!」

カーラインナップ