人の感情をどこまでも理解しようとする。
SKYACTIV-Dのリニアさを磨き上げ、
人馬一体感をさらに高めた「DE精密過給制御」

圧倒的なトルクとリニアなレスポンスでディーゼルエンジンの常識を覆したSKYACTIV-D。
このマツダ独自のエンジンに、新たな新技術「DE精密過給制御」が追加搭載。

DE精密過給制御とは

DE精密過給制御とは

この技術を搭載したSKYACTIV-D搭載車は、アクセル操作に対するクルマの反応がよりダイレクトになり、ドライバーとクルマの一体感がさらにアップ。ディーゼルエンジンでの「人馬一体」の走りを、これまで以上に軽快に気持よく楽しむことができます。

・アクセルを踏み込むスピードに応じて過給圧の制御を最適化し、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする技術。

・これまでのSKYACTIV-Dでも造り込んできた「リニアさ」の領域をより磨き上げ、人馬一体感のレベルをさらにアップ。

・低速域のアクセル踏み込みが少ない領域(いわゆる緩加速)で、人間の感覚にぴったりと合ったトルク変化を実現。

DE精密過給制御の3つの提供価値

市街地などでの加速コントロールのしやすさ

市街地などでの加速コントロールのしやすさ

先行車に追従して、細かなアクセルの踏み戻しを繰り返すようなシーンでも、クルマの動きがギクシャクしません。わずかな踏み込みにもスッとクルマが反応して、思い通りに加速をコントロールできます。

ワインディングなどでの力強くスムーズな加速

ワインディングなどでの力強くスムーズな加速

すばやく、大きなアクセル操作を行うシーンでは、踏み込んだ瞬間から力強くトルクが立ち上がるため、イメージ通りの加速が可能です。

乗員全員が快適に過ごせる

乗員全員が快適に過ごせる

思い通りの加速を実現できるということは、アクセル操作に無駄がなくなり、自然と丁寧になります。クルマの動きが穏やかになるので、乗る人みんなが快適に過ごせます。

アクセル操作に対する加速度の違い
(DE精密過給制御なし/あり比較)

DE精密過給制御ありの場合は、アクセル操作の線図をトレースするように、明確に加速度の差が出ています。

アクセル操作に対する加速度の違い

DE精密過給制御 搭載車種

axela

atenza

デミオ

CX-3

  

SKYACTIV-D 関連記事

おすすめ

走りそのものが楽しめるダイレクト感

マツダのディーゼル、ここまでよくなったのかと感心

「後ろから押されているような感覚を体感する」

「興味の無かったディーゼルエンジンなんだけど・・・」

カーラインナップ