G-ベクタリング コントロール誕生のきっかけ

車両開発本部
梅津 大輔

G-ベクタリング コントロール(G-Vectoring Control、以下GVC)とは「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想と、人間中心の開発思想に基づいて開発されました。機械のみの効率を考えて制御するのではなく、「人間を中心に、人間の特性を研究しクルマがどうあるべきかを考える」という開発哲学に基づいて、より多くの人に「なめらかなG(加速度)のつながり」を提供します。

“タイヤの荷重をコントロールする”という発想

タイヤの荷重をコントロールするという発想

マツダのクルマは“人馬一体”と言っていますが、私はドライビングにおいて一番大事なのは、タイヤの荷重コントロールだと思っています。なぜかというと、クルマのパフォーマンスを最大化しようとすると、最終的には路面に接しているタイヤにいかに仕事をさせるか?ということになるからです。タイヤは垂直荷重によって効率的に力を発揮します。ですから、速く走るにしても、燃費を良くするにしても、結局ドライビングを極めるためには「タイヤの荷重を最適にコントロールしなければいけない」というのが、GVC発想の原点です。

発想のきっかけ

発想のきっかけ

自動車教習所では免許取得に必要な運転の仕方は教えられますが、どういうふうにクルマをコントロールしたらきれいに走れるかとか効率的に走れるとかは、誰も教えてくれないですよね。私自身も、マツダに入って評価ドライバーとして色んな経験を積んでいく中で、フロントにしっかり荷重をかけてターンインし、そこからアクセルを踏んで安定させて、クルマのポテンシャルを最大限に発揮させることを体感しました。それがGVC発想のひとつのポイントでしたね。

GVCは、人間が操作できないような非常に効率的なことを、本当にミクロな世界でクルマ自身が制御しています。私たちも実際にGVCをテストしてみるまでは、自動運転感が出るんじゃないだろうかとか、制御の介入感、何か勝手にやられているような感じが出るのではないかという懸念もありました。ところが、実際に走らせてみたらそういう感覚は一切ありませんでした。

クルマの能力を最大限発揮させる

クルマの能力を最大限発揮させる

試行錯誤のうえテストを繰り返した結果、ものすごく接地感のよい安定したクルマという感じになりました。さらに、GVCをより緻密なSKYACTIVエンジンで実現すると、クルマの質感、全体の安定感が一気に改善するという現象が起きました。クルマ自体がその能力を最大限発揮するようになったというイメージです。

フォームを改善する

フォームを改善する

例えば、ゴルファーや野球選手がフォームを改善して、同じ力でもボールを効率的に飛ばせるようになるということがありますよね。あれと同じで、すごく鍛えて筋肉を付けたというよりは、クルマ自身がどういうふうに力が伝わるかっていうのを改善することで、そのクルマの秘めている力を最大限発揮できるようになる。GVCの効果とは、そういう感じだと思います。

自然力学に基づいたアプローチ

自然力学に基づいたアプローチ

私たちが思う“人馬一体”というのは、人とクルマが一緒になって最大限のポテンシャルを発揮すること。少ないエネルギーで最大限の運動を得るというのが人馬一体の基本的な考え方です。その考え方は、日本独特のアプローチだと思いますね。例えば欧米のスポーツカーだったら、太いタイヤを履いて、筋肉をつけて、力で押すタイプ…というイメージとは、ちょっと違うアプローチだと思うんです。

自然力学に基づいて、スマートに持てるものを最大効率で使うというアプローチが、人馬一体の根本にあると思っていますし、GVCの開発にも共通しています。

TECHNOLOGY FOR KIDS(第10回)

「人間を中心に、人間の特性を研究しクルマがどうあるべきかを考える」というつくり手の想いが評価されG-ベクタリング コントロール(GVC)が「第10回キッズデザイン賞」を受賞しました。

第10回キッズデザイン賞について詳しくはこちら


  

  

G-ベクタリング コントロール 関連記事

おすすめ

もっともっと、人とひとつになるクルマを。マツダのクルマづくり

開発者が語る “マツダのクルマづくりの本質”とは

「アベレージではない、世界一の車をつくる」 開発者が語るSKYACTIV TECHNOLOGY

「自動車業界にとってエポックメイキング」 清水和夫氏G-Vectoring Controlインプレッション

マツダオーナーが違いを実感 G-Vectoring Control 体感試乗