ドリームキッズチャレンジ

マツダオールスターゲーム2015
ドリームキッズチャレンジ

7月17・18日の2日間にわたり、セントラル・リーグとパシフィック・リーグのスター選手が一堂に会す、年に一度の野球の祭典「マツダオールスターゲーム2015」が行われました。
大会では昨年に引き続き「夢に、ともに。」というテーマで、夢に向かって挑戦している人を応援するマツダが、ドリームキッズチャレンジを企画し、将来の夢に向かってチャレンジしていることを題材にした作文を募集。その中から優秀作品に選ばれた小学生9名に、スター選手と間近に触れ合い、“挑戦することの素晴らしさ”を体感してもらいました。イベントのアンバサダーを務める元北海道日本ハムファイターズの稲葉氏からは、オールスターゲームに選ばれた監督と選手のみが着用できるプラクティスユニフォームを贈呈。子どもたちはそれぞれの夢を発表し、ノックチャレンジやホームランダービーでスター選手たちと交流することで、よりいっそう自分の夢の実現に向かって勇気づけられる一日となりました。

ドリームキッズチャレンジに参加した子どもたち
Part1

夢をつかむために挑戦することの大切さを子どもたちに伝えるイベント
「ドリームキッズチャレンジ」に参加した9名の子どもたち。
アンバサダーの稲葉氏やスター選手たちと触れ合い、
将来の夢に向かって希望に胸がふくらむ、忘れられない素敵な思い出になりました。

ドリームキッズチャレンジに参加した子どもたち Part1

ドリームキッズチャレンジに参加した子どもたち Part1

ドリームキッズチャレンジに参加した子どもたち Part1

プロ野球選手みたいにグラウンドに立てて嬉しかった。

「大好きな山崎選手の出るオールスターのイベントに選ばれたって聞いて、お父さんと一緒にやったー!って大きな声が出ました。イベントでは一番はじめに、稲葉さんからユニフォームを着せてもらえてとっても嬉しかったです。近くで見た本物のプロ野球選手は、思ったよりも背が高くてびっくりしました!プロ野球選手みたいにグラウンドの中に入って、選手たちにノックをしてもらえてすごく嬉しかったです」

中野くん(小学4年生)

中野くん(小学4年生)

新井兄弟みたいなプロ野球選手になりたい。

庄野くん(小学3年生)

「僕はお兄ちゃんと一緒に野球をしていて、将来は新井兄弟みたいにプロ野球で活躍するのが夢です。お母さんから僕が選ばれたって聞いて、とってもびっくりしました。イベントはずっとワクワクしてて、特にノックが一番楽しかったです。全員の選手の人達とたくさん話をしたり、握手もしたかったなあと思いました。守備の練習は苦手だけど、フライはちゃんと見て捕って、ゴロは体で止めることに気をつけながら、練習を続けたいと思います!」

庄野くん(小学3年生)

私の声で、憧れの選手の名前を呼んで応援したい。

「私は将来、場内アナウンサーになって、憧れの選手の名前を呼ぶのが夢です。だから学校での放送の仕事や、お父さんと一緒にプロ野球の中継を見たりして勉強しています。元気よく声を出して応援する気持ちを伝えられるように、もっと野球に詳しくなって、選手を全力で応援できるようになりたいです」

飯田さん(小学5年生)

飯田さん(小学5年生)

大谷選手と菊池選手のノックは一生の思い出になった。

松本くん(小学6年生)

「まさか僕が選ばれるとは思ってなかったから、びっくりしました。プロ野球選手と同じグラウンドに立って、大谷選手と菊池選手のノックを受けることができてすごく嬉しかったです!イベントのあとは、めったに見られないオールスターの試合を見ることができて、とってもワクワクしました。今はバッティングを一番がんばって練習しているので、プロ野球選手になる夢を絶対つかめるように頑張ります。」

松本くん(小学6年生)

大谷選手を超えた二刀流になって大リーグで活躍する!

「僕のあこがれの選手は、大谷選手です。だから、まさか大谷選手のノックをとれると思ってなかったからドキドキしたけど、しっかり捕ることができて嬉しかったです!今はチームで投手と遊撃手をやっているから、大谷選手のように投手と野手の二刀流ができるように毎日練習を続けて、将来はプロ野球選手になって大谷選手を超える世界一の選手になります!」

栫くん(小学5年生)

栫くん(小学5年生)

ドリームキッズチャレンジ 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ