AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート

「AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビル カウンシル) 2016」は、“日本の自動車文化の創生”を目指して今年初開催されたイベントです。マツダは、「MAZDA DESIGN ELEGANCE」というテーマで、マツダの歴代のヘリテージカーや「MX-5 RF」の展示、さらには異業種コラボレーション作品の発表を通して、過去から現在にいたるマツダデザインの取り組みをご紹介しました。美術館をイメージしたマツダブースでは、多くの来場者が熱心に展示した作品をご覧になっていました。

開催日:2016年8月5日~7日

  

派手すぎず品格のある雰囲気がいい。RFはまさに大人のためのクルマ。

所有車:ロードスター(ND)
佐藤さんご夫妻

カッコよくて、落ち着いている。
年配の方でも普段づかいできるスポーツカー。

「NA(初代)、NC(3代目)、ND(現行モデル)と、ずっとロードスターを乗り継いでいます。今回はRFが展示されるということで見に来ました。NCではリトラクタブル・ハードトップモデルに乗っていたので、ああいう電動のハードトップが出ればいいなと思っていたのです。できれば乗ってみたかったのですが、外から見た感じはすごくいいと思います。あとは新色ですよね。マシーングレーですか。アクセラで採用されているものは見に行ったんですが、ロードスターでは見たことがなかったので。

印象的には夕方とか朝方とかの薄暗いところで見たほうがきれいに見えるのかなって思いました。RFは見た目が落ち着いてますよね。どちらかといえば若い人というより年配の方でも普段づかいできるスポーツカーというイメージ。派手すぎず品格のある雰囲気があって、いいんじゃないですか」。(ご主人)

見るほどにいろんな情景が浮かぶ、
古典的なスポーツカーのデザインが好き。

「マツダの古いクルマが並んでいましたが、やっぱりコスモスポーツはいいですね。小さい頃から大好きでした。ああいうクルマに乗りたいと思っていたら初代ロードスターが登場して、それで買ったんです。マツダのスポーツカーは、コスモスポーツのイメージをどこか受け継いでいる気がします。例えば、コスモスポーツもそうなんですけど、運転席のキャビンがほぼ中央にあるんですよね。ロードスターもNCぐらいまではそんな感じで。それがNDになって運転席がかなり後ろにずれた。そこが以前とは趣向が違う。

目新しくていいなと思いました。古典的なスポーツカーのカタチが好きなんです。だからRX-VISIONも興味があります。市販されたらどう変わるんだろうと思いながら、ずっと見ていました。クルマを眺めるのが好きなんです。見れば見るほどいろんな情景が浮かんできて、楽しいです」。(ご主人)


AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート 関連記事

  

AUTOMOBILE COUNCIL 2016

マツダデザインの変遷を体感できる、
期間限定アートミュージアム。

体験レポートを見る

MAZDA DESIGN HERITAGE

歴代の名車や最新モデル、アート作品といったヘリテージでたどるマツダデザインの変遷。その歩みをご覧ください。

マツダブースを見る

おすすめ

ロードスターに新たな造形美を与えた、デザイナーとエンジニアの共創。MX-5 RF 開発主査 中山 雅×エクステリアデザイナー 鳥山 将洋

その思想、その造形、その洗練をデザインの集合体として反映させる。

ロードスターRF 開発物語

「私が持ちたいのは、思い切り心を込めた本物」

マツダのデザインが日本車の美しさを引っ張っていく。DESIGN TOUCH 2015取材会レポート

カーラインナップ