AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート

「AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビル カウンシル) 2016」は、“日本の自動車文化の創生”を目指して今年初開催されたイベントです。マツダは、「MAZDA DESIGN ELEGANCE」というテーマで、マツダの歴代のヘリテージカーや「MX-5 RF」の展示、さらには異業種コラボレーション作品の発表を通して、過去から現在にいたるマツダデザインの取り組みをご紹介しました。美術館をイメージしたマツダブースでは、多くの来場者が熱心に展示した作品をご覧になっていました。

開催日:2016年8月5日~7日

  

古いからとか新しいからとかではなく、マツダのデザインがすごいということ。

所有車:ポルシェ パナメーラ、ジャガー Eタイプ、オースチン・ヒーレー
大谷さんご夫妻

マツダは昔から格好よかった。
今までの認識がオセロのようにひっくり返りました。

「最近、ジャガーのEタイプを手に入れたのですが、実はコスモスポーツとギリギリまで悩んでいたんです。さっきあらためて見たら、やっぱりよくて。少し後悔しています。最近のマツダのデザインって本当にすごいと思っているんですよ。デザインの思い切りの良さとか、エッジの効かせ方とか。普通の日本車とは一線を画している。そこを分かったうえで昔のマツダ車を見たら、これがみんな素晴らしいんですよね。そうか、昔から格好よかったんだって。今までの認識がオセロみたいにひっくり返りました。

そしてコンセプトカーのRX-VISIONのところに行ったら、それがまたよかったんです。これは古いからとか、新しいからとかじゃなくて、マツダのデザインがすごいんだなって。素直にそう思いました。マツダのデザインの力をもう一回あらためて見せてもらった。そんな気がしました」。(ご主人)

革を切ったり縫ったりするマツダのCM。
あの職人さんがつくるものが欲しくなります。

「主人の影響で、私も古いクルマに乗るようになって。オースチン・ヒーレーです。旧車のラリーイベントにも参加しています。楽しいですよ。あの、いつ止まるかわからないという緊張感が(笑)。大の大人がクルマで本気で遊んでいる感じっていうんですかね。日常生活とはまったく違う感覚があります。食事会でもクルマの話で会話が弾んだり、素敵なご縁がいっぱいあったり。本当に楽しい時間です」。(奥様)

「マツダはクルマだけじゃなくて、コラボとかしていろんなものをデザインしてると聞きました。器とか、香水とか。すごいですよね。マツダのCMで、革を切ったり、縫ったりするのがあるじゃないですか。あれを見て、マツダのバッグがあれば絶対買うって思いましたもん(笑)。バッグはさておき、あの職人さんがつくったものが欲しくなります。マツダのデザインならきっといいものに違いない。そんな気がしてきますね」。(ご主人)


AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート 関連記事

  

AUTOMOBILE COUNCIL 2016

マツダデザインの変遷を体感できる、
期間限定アートミュージアム。

体験レポートを見る

MAZDA DESIGN HERITAGE

歴代の名車や最新モデル、アート作品といったヘリテージでたどるマツダデザインの変遷。その歩みをご覧ください。

マツダブースを見る

おすすめ

ロードスターに新たな造形美を与えた、デザイナーとエンジニアの共創。MX-5 RF 開発主査 中山 雅×エクステリアデザイナー 鳥山 将洋

その思想、その造形、その洗練をデザインの集合体として反映させる。

ロードスターRF 開発物語

「私が持ちたいのは、思い切り心を込めた本物」

マツダのデザインが日本車の美しさを引っ張っていく。DESIGN TOUCH 2015取材会レポート

カーラインナップ