「大阪オートメッセ2016」体験レポート

「大阪オートメッセ2016」体験レポート

カスタマイズカーのビッグイベント「大阪オートメッセ2016」がインテックス大阪にて開催されました。マツダブースではバーチャルスポーツカー「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」をはじめ、各種カスタマイズカーなど「走る歓び」を表現した7車種を展示。日ごろの通勤や買い物からモータースポーツへの参加までできてしまう「デミオ15MB(モータースポーツベース)」の魅力について開発プランナーが普段の生活スタイルと併せて語るトークショーも行われ、マツダの考える「人とクルマの関係」をご紹介させていただきました。

  

デミオ15MB開発プランナー 楠弘隆 ロードスター、クラッチシステム開発担当者 石川 美代子

モータースポーツを通じて、多くの人に「走る楽しさ」を感じてほしい。

デミオ15MB 開発プランナー
楠 弘隆

ロードスター クラッチシステム開発担当者
石川 美代子

走る歓び、充実感に満ちた生活を
モータースポーツで手に入れてほしい。

「私が今の4代目デミオを企画するにあたって『人とクルマの関係』をどう表現するか、クルマを中心にして人々に笑顔を届けるにはどうすればいいかと考えて始めたのが、ダートトライアルでした。モータースポーツは安心・安全な運転技術が身につくのはもちろん、走る歓びが体感でき、充実感に満ちた生活につながりますが、場所や機会がなかったり、お金がかかったりするとやりたくてもできない、続けられない。だからメーカーであるマツダがサポートしよう、その姿勢を形にしたのが、レースやマツダ・ドライビング・アカデミーの開催、デミオ15MBの開発です。

走る歓び、充実感に満ちた生活をモータースポーツで手に入れてほしい。

実際、モータースポーツは本当に楽しいです。仕事や日常のストレスから解放してくれる。そしてクルマと深く関わることで知識が増えて、安全運転になります。人脈も広がります。趣味を通してできた人脈はバラエティに富んでいて、自分のプラスになります。
私もサラリーマンです。家族がいて、おこづかいでレースを続けています(笑)。より多くの人が『モータースポーツって身近なんだ』と感じていただけるよう、さまざまな機会を作って伝えていきたいと思います」。(楠)

「人馬一体」が目指すのは、クルマのある生活で
心と体を活性化すること。

「人馬一体」が目指すのは、クルマのある生活で心と体を活性化すること。

「私は夫とラリーに参加していて、コ・ドライバーとして各地で参戦しています。私が始めたきっかけはロードスターのクラッチを評価するため、いわば仕事のためでした。やはり実際に乗ると、感じること、考えることが違うので開発に大きく活かされていると思います。ラリーで使っているデミオはとても扱いやすいです。ポテンシャルが高いので限界まで攻められる。しかも壊れにくい。だから維持費が抑えられます。私も多くの方から『費用がかかりませんか』と質問されます。もちろん遠征費はかかりますが、生活の負担にはなっていないので続けられています。

私もモータースポーツをしているひとりとして、どうすればこの楽しさを伝えられるかを考えています。クルマが好きなのに、この楽しさを知らないままなのはもったいない。ただスピードを競うためではなく、それに付随して普段でも運転技術が上がったり、仲間たちと楽しい時間が過ごせたり、貴重な経験ができる。まず自分が続ける理由を知っていただきたいです。マツダの目指す“人馬一体”とは、クルマのある生活を通して心と体を活性化させることです。モータースポーツをする人を増やして、たくさんの人に“人馬一体”の歓びを感じていただきたいと思っています」。(石川)

「人馬一体」が目指すのは、クルマのある生活で心と体を活性化すること。

「人馬一体」が目指すのは、クルマのある生活で心と体を活性化すること。


大阪オートメッセ2016 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ