2013.9.2(月)~4(水)

アクセラ試乗会 in TOYO TIRES ターンパイク(※)

車専門雑誌編集長やモータージャーナリストの方々をご招待したアクセラ試乗会を開催!開発者も交え、アクセラの走行性能、デザイン性、安全性能を体感していただきました。

TOYO TIRES ターンパイク(※)とは?

ターンパイクは箱根から小田原に続く尾根を基に作られ、ワインディング、坂道、直線部分やカーブといった多岐にわたるシチュエーションが特長。今回の試乗会では、標高差561m、全長9.4kmのコースを約24kmにわたり走行しました。

※ 当時の名称となります。2015年11月現在では、「MAZDAターンパイク箱根」に名称変更しています。

ジャーナリストのご紹介

加藤 順正

加藤 順正

モータージャーナリスト

神原 久

神原 久

ホリデーオート編集長

石田 貴臣

石田 貴臣

CARトップ副編集長

SKYACTIVによるアクセラのドライビングフィール(1/3)

ドライバーに語りかけてくれるクルマ"新型アクセラ"

石田:
試乗して降りた瞬間、率直にすごく良いと思いましたね。
ターンパイクを走った限りでは、安心してあの下りのハイスピードのコーナーにも入っていけた。先代モデルよりステアリングの切り出しに対するノーズの応答が素直になったため、自分の手の中で安心して楽しめるクルマだと感じましたね。

画像:ドライバーに語りかけてくれるクルマ"新型アクセラ"

加藤:
ぼくは、降りた瞬間、もっと長く乗りたいな…って思いましたね、アクセラが一番得意とするのは、中高速域でのコーナーだと思うんですが、それ以外の街中やロングクルージングとかでも乗りたいなって…、きっと良いんだろうなと思いますね。

画像:ドライバーに語りかけてくれるクルマ"新型アクセラ"

神原:
"面白いクルマ"だなって言うのが、ぼくの第一印象かな。とにかく妙に馴染んでくるんですよね…。無味無臭な車ってぜんぜん楽しくない、ドライバーに語りかけてくれないんですよね。運転していて、ステアリングやアクセル、ブレーキの操作に対して、気持ちよく応えてくれる、「この道危ないよ」とか「この道濡れててるよ」ってドライバーに言ってくれるクルマと、言ってくれないクルマがあって、言ってくれる新しいアクセラは、やっぱり安心して走れるよね。

加藤:
ぼくは、自分の思い描いたイメージ通りに走れるっていうところが気に入りましたね。
日常でも交差点でハンドルを切ったときにハンドルの動きがなめらかだと、あぁいいなって思う。

石田:
ぼくは、やっぱりアクセルとブレーキのリニアさが重要なんですよね。そこがリニアじゃないクルマって、乗っていて正直苦痛なんですよね。今回の新型アクセラは、思った通りに上りも下りも気持ちよく走れました。特に緩い減速からロック寸前のところまでブレーキコントロールがしやすかったのが印象的でしたね。

画像:ドライバーに語りかけてくれるクルマ"新型アクセラ"

神原:
そのあたり、この新型アクセラは、雑味が無いというか、全てがクリアっていう意味では、退屈しないで対話できる仕上がりになっていると思いますね。

加藤:
ぼくは、クルマを移動するだけの道具というか、単なる実用車では嫌なんですよ。
単にエアコンが効いて、音楽が聴けて、移動すればいいやってなると、どんどんつまんないクルマが増えていっちゃう可能性がある。メーカーもそれでいいじゃん、快適でお安くすればいいんでしょっていうクルマは、家電化しちゃう。
やっぱり、ちゃんと思いのままに反応があって、雑味無く欲しいものだけを伝えてくれるっていうのが良いクルマだと思うんです…。クルマと対話できるようなメッセージ性とか洗練さとか、自分の思い通りに動いてくれるっていう要素が無いと面白くないですしね。
試乗してみて、新しいアクセラには、この辺りのポテンシャルがすごくあると実感しましたね。

画像:ドライバーに語りかけてくれるクルマ"新型アクセラ"


  

ジャーナリストプロフィール

加藤順正

ドライバー執筆・モータージャーナリスト
加藤 順正(YORIMASA KATO)

数誌の自動車専門誌編集部を経て1991年からフリーとして活動。自動車の試乗&リポートおよびメカニズム解説などが中心だが、自転車やオートバイなども得意とする。現在、自動車2台、オートバイ2台、自転車3台を所有。これら各種乗り物の交通・道路環境にも高い関心を持つ。
日本自動車ジャーナリスト協会会員。

神原久

ホリデーオート編集長
神原 久(HISASHI KAMBARA)

「クルマ情報バラエティ」をコンセプトとする老舗自動車専門誌『ホリデーオート』(1970年創刊)編集長。小さなボディで思い通りにキビキビ走るコンパクト系が好みで、一時は軽自動車のカスタム&チューニングに没頭していた。最近は、燃費自慢のクルマをエコランさせて、どこまでJC08モードに近づくか…を試す面白さにハマっている。業界での通称(?)は「Qちゃん」。実は毛が3本しかないらしい。

石田貴臣

CARトップ副編集長
石田 貴臣(TAKAOMI ISHIDA)

創刊45年を迎えた総合自動車情報誌CARトップ副編集長。前職は市役所勤務の公務員という異色の経歴をもつ。誌面上のペンネーム、「ヤクショ」もここから付けられたもの。「クルマは走りありき」という本誌のテーマと同じ志をもち、スポーティなクルマを中心にした企画に携わることが多い。
愛車はホンダ・ビート。

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ