SKYACTIVによるアクセラのドライビングフィール(2/3)

高次元のスポーティな走りを実現したパワートレイン

画像:高次元のスポーティな走りを実現したパワートレイン

加藤:
新型アクセラのATの変速制御はとっても良く出来ていましたよね。

神原:
そうだね、ターンパイクの上り坂でもずっとDレンジでOKだったし、自分の中でここはちょっと抜こうと思ったらプーンとシフトダウンしてくる。

加藤:
グーンと一気に加速しても良い感じでしたね、でもクルマが好きな方は、是非ともMT車に乗ってほしいですね。とにかく操作性がすごく良いんですよ。これまでの6速も良かったんですが、さらに改良されてとにかくギヤの入りが滑らかでしたね、カチャカチャとオモチャっぽい動きも一切なく、スピード感がとても良い感じだった。

神原:
よくありがちなクラッチのスコスコ感も無くて、本当に良かったよね。

画像:高次元のスポーティな走りを実現したパワートレイン

加藤:
新開発の1.5LのSKYACTIV-G1.5は、最初はどうかな?マツダ車らしく走るのかなって心配だったんだけど、パワーフィールは、音や振動も含めて、本当に良い仕上がりという印象。
軽やかな感じで、アクセルを踏んだときに気持ちよく回転が上がっていって素晴らしい出来だった。1.5Lエンジンとしては、かなり実力が高いと思ったね。

神原:
確かにエンジンサウンドも、新しい1.5Lは、とても艶やかというか、心地よく聞こえたね。雑味が無いスポーティな音で、透明感の中に、どこか芯が通っている綺麗な音をしていましたよね。

石田:
タイヤの銘柄やサイズも影響しているのかもしれないけど、ぼくは2Lの印象が良かったですね。どの速度域でもアクセルの踏み込み量に応じて加速度が遅れずに"きちんと"変化してくれるという感じでしたね。アクセルペダルが吊り下げ式からオルガン式に変わったことも好印象。あれは圧倒的に踏みやすくなりましたよね。

画像:高次元のスポーティな走りを実現したパワートレイン

加藤:
そうそう、ペダルの操作がすごく自然にできるから、ちょうどいいポジションに収まってくれる。あと、変わったって言うと「シート」あの座った瞬間の"囲まれ感"が良かった。スポーツタイプのクルマにありがちな "やる気満々で走る"みたいな感じ?あれってなんとなく身構えちゃうんですよね。でも新型アクセラは適度な開放感があって、リラックスした感じがとても良かった。

画像:高次元のスポーティな走りを実現したパワートレイン

神原:
ぼくも乗って、すぐにしっくりくる感じがしたね。外観も格好いいしスポーティなんですけど、今までのスポーティとは角度が違うというか一段高くなった、新しい感覚のスポーティな乗り心地のような気がしましたね。「人馬一体」というテーマは一緒なんですが、ドライブポジションに具体的に現れてきたというか、クルマとの一体感が高まって、良い意味で乗り味がしなやかになった感じがしました。

加藤:
ぼく身長180cmあるんですが、どうも国産車の規格に合わない場合が多くて…。
でも新型アクセラは座った瞬間"これは馴染める"って思いましたね。
ちゃんとスペースがあって全く窮屈じゃなかった。だからスポーティな走りはもちろん、これなら長距離も楽だと思ったね。高速道路でゆったり走ることも楽しめるんじゃないかな。


  

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ