SKYACTIVによるアクセラのドライビングフィール(3/3)

SKYACTIVの更なる進化を実感

石田:
SKYACTIV技術の全てを洗練していくと、必然的に新型アクセラのように良い車に仕上がる。例えばこのサイズであれだけ軽量化できたら、ダイナミクス性能である加減速、コーナリングも追求しやすいですし、燃費も向上して当然というわけです。

画像:SKYACTIVの更なる進化を実感

加藤:
CX-5ではディーゼルが大注目されて、一般的なSUVを超えた走りを見せてくれた。そしてアテンザ、アクセラと続く中で、いろんなトライを繰り返してSKYACTIVという技術の進化を実感したね、これからどこまで進化するのか本当に楽しみな感じがするね。

画像:SKYACTIVの更なる進化を実感

神原:
SKYACTIVと言えばエンジンやトランスミッション、シャシーは、もちろんなんだけど、ネガティブがどんどん減ってる感じがするね。新しいシートをひとつとっても、とことんこだわり抜いて開発しているなって思ったしね。実はシートを担当した方が、ケガをしてリハビリ施設に通った経験が開発に活かされているそうなんだよね。実際ぼくも運転していて、自分の姿勢が良くなったと思ったしね。

石田:
SKYACTIVという裾野が、どんどん広がっていきますね。

神原:
そうだね。アテンザで搭載されたi-ACTIVSENSEっていうマツダの安全技術も、今回から搭載されるHMI(ヒューマン・マシーン・インターフェイス)も総じて言えば、ぼくはSKYACTIVのひとつだと思っているんですね。

加藤:
そういう意味では、いろんな可能性と楽しみ方を持っているよね。

神原:
そう、日本では、このCセグメントクラスのクルマって、ゆるゆるなクルマが多くて、あきらめちゃっているユーザーも多いと思うんだよね。特にダウンサイジングする人なんかは、このクラスをスルーして軽自動車にいっちゃうこともあるし。 でもこのアクセラに乗ってみたら"良い"って思ってもらえると思うね。このアクセラに乗ったら、人生に潤いが出るんじゃないかな。デザインとか走りも含めて艶っぽい人生を送れるかもしれない。 そして、本当に良いクルマがこのクラスに出てきたってことを、みんなが知らしめて欲しいね。結果的に、このクラスのクルマの進化に繋がれば最高だね。

加藤:
あとはディーゼルがどういう走りのイメージで作り上げているのかも気になる。

神原:
そして新型アクセラから投入されるマツダのSKYACTIVハイブリッドのシステムにも注目だね。燃費思考なのか?そうじゃないのか?どちらにしてもマツダならではのハイブリッドも楽しみだね。


  

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ