2013.9.2(月)~4(水)

アクセラ試乗会 in TOYO TIRES ターンパイク(※)

車専門雑誌編集長やモータージャーナリストの方々をご招待したアクセラ試乗会を開催!開発者も交え、アクセラの走行性能、デザイン性、安全性能を体感していただきました。

TOYO TIRES ターンパイク(※)とは?

ターンパイクは箱根から小田原に続く尾根を基に作られ、ワインディング、坂道、直線部分やカーブといった多岐にわたるシチュエーションが特長。今回の試乗会では、標高差561m、全長9.4kmのコースを約24kmにわたり走行しました。

※ 当時の名称となります。2015年11月現在では、「MAZDAターンパイク箱根」に名称変更しています。

ジャーナリストのご紹介

渡辺 敏史

渡辺 敏史

モータージャーナリスト

飯田 裕子

飯田 裕子

モータージャーナリスト

香高 和仁

香高 和仁

モーターマガジン 副編集長

魂動デザイン第三弾。新型アクセラのデザインの魅力とは(1/3)

新型アクセラのプロポーションの魅力

飯田:
動いている新型アクセラを大観山の駐車場で初めてみたんですけど、その時に「なんて美しい!」というか、かっこいい……まぁありきたりの言葉なんですけど、よく出来ているなぁと思いました。

画像:新型アクセラのプロポーションの魅力

香高:
僕も同じなんですけど、見た時にまとまりがよいとうか、いいなって思わせてくれる印象を受けましたね。
車の見た目って前も後ろも横もみんなもちろん大事なんですけれども、特にハッチバックの後ろ姿っていうのが期待通りかどうか。かっこいいなと思う車でも、後ろに回ってみると「ちょっと違うかな」っていうのが結構あるんだけど、新型アクセラに関しては、期待通りの印象を受けましたね。

画像:新型アクセラのプロポーションの魅力

渡辺:
写真で初めて新型アクセラを見た時に、アテンザのプロポーションとちょっとかぶり過ぎじゃない?っていう印象はあったんですけど、現物をみると、なんというか抑揚があってかつ引き締まった感じ。横のプレスラインとかも新型アクセラのほうがよりアテンザより強調されているし、そういう細かいところをやっぱりちゃんと積んできているなあという気がしました。
あと、デザイナーがセダンにも自信を持っていて。後日フランクフルトショーでセダンを見たら、なるほど言っていた通りかと。

香高:
このセグメントだと、日本の市場でセダンはあまり人気がないけれど、潜在的には需要があると思うんです。新型アクセラを見ると、セダンに乗ろうかなっていう人がけっこう出てくるかなって気がしますよね。

渡辺:
最近の車って基本的に全部クラウチングフォルムだから、そこにトランクだけつけるとボコってとってつけたみたいなぶさいくな感じになるのが大半なんですけど、そのへんもうまく綺麗にまとめているよなあって思いました。これ、ハッチバックとはリアドアまで全部一緒って言ってましたよ。

画像:新型アクセラのプロポーションの魅力

香高:
そう。リアドアまで共通で、トランクの部分のまとめかたが綺麗ですよね。

飯田:
マツダって新しさっていう意味ではクリーンディーゼルに革命を起こしているじゃないですか、日本に。アテンザセダンも最近見る頻度が高くなっていて、積極的にこのデザインを持つセダンを選びたいというお客様がいるような気がするんですね。
そこにきてこの新型アクセラのセダン。サイズこそ小さくなって、むしろ使いやすさっていうのがある中でスタイリッシュなセダンを出してくることで、マツダはあのクラスの車選びの価値観を変えるんじゃないかって。
ハッチバックもあのスタイルってヨーロッパ車は人気があるけど日本の車ってあんまりないような気がするんですよね。でも新型アクセラのデザインであれば、意志を持って選ぶ車になっている気がして、ある意味マツダはいろんなところに一石を投じている気がしますね。

画像:新型アクセラのプロポーションの魅力


  

ジャーナリストプロフィール

渡辺敏史

モータージャーナリスト
渡辺 敏史(TOSHIFUMI WATANABE)

企画室ネコ(現ネコ・パブリッシング)にて2・4輪誌編集業務経験後、フリーライターとして独立。
ジャンルを問わずに自動車のコンセプト、性能、専門的事項を説明し、時代に求められる自動車のあり方をユーザー視点で探し、幅広いメディアに執筆中。

飯田裕子

モータージャーナリスト
飯田 裕子(YUKO IIDA)

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。
日本自動車ジャーナリスト協会会員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

香高和仁

モーターマガジン 副編集長
香高 和仁(KAZUHITO KOTAKA)

1985年の入社以来、一貫して四輪自動車誌の編集部に在籍。
「Motor Magaine」副編集長としては今年で11年目になるが、新型車への興味はもちろんのこと、現在までに積み重ねられてきた歴代の車両やテクノロジーに対する関心も強く持ち続けている。
現在、1971年式と1985年式のクルマを所有。気に入ったものは、手をかけながらもできるだけ長く使い続けることを選びたい性格。

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ