魂動デザイン第三弾。新型アクセラのデザインの魅力とは(2/3)

上質を感じる存在感あるデザイン

渡辺:
「主張を持った形」に作れているよなと。
例えばフランスの車とかイタリアの車とかにどっちかというと傾向が近いのかなぁという気もするんだけど、でもなんかそれとも違うよなっていう。ちゃんと他とは違う独自性があるというか。

香高:
しっかりした存在感がありますよね。「僕はアクセラだ!」という感じの。

画像:上質を感じる存在感あるデザイン

渡辺:
Cセグメントのタイプで難しいだろうなぁと思うのはむしろ後ろ側で。例えばテールランプだけをグラフィカルにしてディティール的に個性を主張することもできるんですが、やっぱりパッと全体的なシルエットで見た時に、他の車とは何か違う個性をつけるのは結構難しいのかなって。

飯田:
そうですよね。なんかバッジとったらどこのメーカーかわからなくなっちゃうようなのってありそうですよね。それが新型アクセラはどうでしょうか。(笑)

渡辺:
僕も他車のCセグメントのタイプとは違ってちゃんと個性を持った車だと思います。
どうしても多くの制限があるサイズだと思うから、ある程度の答えっていうのは出てくると思うんですけど、その中でどういう工夫をしていくのかっていうときに、例えばリアウインドーの寝かせ方だとか面の取り方だとか、そこからテールにつなげていったときのテールランプからナンバープレート周りの造形だとか。あえて樹脂で造形に自由度出したりと拘ったってデザイナーの方が言っていました。

画像:上質を感じる存在感あるデザイン

香高:
個人的にリアフェンダーの部分でホイールハウスがありますよね、そこと上のサイドウインドウの部分のバランスがうまくできていないと、見た時にタイヤとホイールが小さく見えてしまって、車全体が重くボテッとして見えちゃうんです。そこのバランスが気になってっしまうんですけれども、新型アクセラはいいなと思いますよ。

画像:上質を感じる存在感あるデザイン

渡辺:
シートのイチオシカラーでホワイトレザーを使っていたと思うんですが、あれは日本のメーカーとしては結構思い切ったことやるなぁという気がしました。
見た印象もそうですが座ったときの日本メーカーには珍しい包まれ型な感じで。

香高:
腰の部分をスッと収めてくれるという印象があって、やたらと張り出しているわけじゃないんですけれど、それなりに支えてくれるというか。

飯田:
女性におすすめできるシートになっているなと。座った感触はもちろん、サポート・ホールドしてくれる感じがわかるはずです。スポーティに走らせるときはやっぱり体がもっと動きますから、その際に例えば運転好きな男性にとってもサポートしてもらわないと困るわけで。そこら辺の期待も裏切らなかったですね。あくまで体型に合ったドライビングポジションを取ってそこのお話ですが、その面でもアクセラのシートは幅広い体型に合わせることができるようですね。 あと操作感までちゃんとこだわっているというところが私は新型アクセラやるなぁと思ったんですよね。例えばエアコンのダイヤルとかちゃんと上質というかしっとりというか手応えがいい操作感で。

香高:
それに合わせて金属調の意匠をいろんなところに入れているじゃないですか。それがさもありなんっていう付け方じゃなくて、うまく全体の中に溶けこませている印象を受けました。

飯田:
スイッチもごちゃごちゃついていないんですよ。シンプルなものって一つ一つがしっかり存在感を出さないとその他のものに負けてしまって簡素な室内、という風に感じてしまうんですね。新型アクセラはそうなっていないんですよね。質感を上げるためのピアノブラック調だったりビニールも質感を高めているところはもちろんで、あとは操作する上であるべきところにきちんとあるし、ちゃんとシンプルに存在感があるというのは大事なんだなって気がしますよね。

渡辺:
ものすごく大事なんじゃないかと。やっぱり思うんですけど、意外と古典的なんですよね。シフトの方に変なデザインをつけてっていうことをやらないし、ステアリングの握りも細いですし。それはやっぱり車をきれいに動かすためにはそういう風にしておいた方がいいっていう開発者の想いなんだと思います。その辺もデザインと反復するとセンシティブに作っているなっていう。

画像:上質を感じる存在感あるデザイン

香高:
限られた条件の中で実現されたインテリアデザインとしてはすごく質感がしっかりと出ていて、ディスプレイ部分なんかもある種ドイツのプレミアムブランドに近いようなテイストといえるような、そういうものを追求しているんだなっていうのを感じました。


  

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ