Mazda.communication 2015 in MAZDAターンパイク箱根

Mazda.communication 2015
in MAZDAターンパイク箱根

2015年春、MAZDAターンパイク箱根に日本全国から100台にのぼるマツダ車とそのオーナーのみなさまが集まりました。
マツダ本社からはアクセラ開発陣も加わり、いわばマツダ車の「生みの親」と「育ての親」がマツダ談義に花を咲かせました。

  

アクセラ 開発主査  児玉 眞也

まずマツダが欲しいと思ってもらいたい、そして・・・

アクセラ 開発主査
児玉 眞也

イベントに参加することで
私も1人のクルマファンに戻れるんです。

マツダ車に愛着を持って乗っていただいている“熱い”マツダファンの方々ばかりで、本当に嬉しいですね。オーナーの方と話をすると、もっともっと真面目に仕事をしなくてはいけないと考えさせられます。会社の中にずっといると、どうしてもつくり手側の都合に流されそうになる時があるんです。でも、このようなイベントに参加することで、私も1人のクルマファンに戻れる。自分をリセットしてくれる非常にいい機会なんです。

アクセラ 開発主査  児玉 眞也

自分が運転してみて楽しくないクルマは造りたくない。

アクセラ 開発主査  児玉 眞也

マツダには「クルマは人が運転する」ものという哲学があるんです。自分が運転してみて楽しくないクルマは造りたくない。だから、まずワクワクする“マツダのクルマ”が欲しいと思ってもらいたいんです。そしてディーラーに行って、SUVもいい、セダンもいいと、“マツダ車”の中で悩んでもらいたい。これからもファンの人たちの顔を思い浮かべながら、どのマツダにしようか悩んでもらえるようなクルマ造りをしていきたいと思いますね。

  

Axela Town Meeting 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「よくそんなところまで考えてつくっているなって感心しました」

カーラインナップ