Mazda.communication 2015 in MAZDAターンパイク箱根

Mazda.communication 2015
in MAZDAターンパイク箱根

2015年春、MAZDAターンパイク箱根に日本全国から100台にのぼるマツダ車とそのオーナーのみなさまが集まりました。
マツダ本社からはアクセラ開発陣も加わり、いわばマツダ車の「生みの親」と「育ての親」がマツダ談義に花を咲かせました。

  

アクセラ エクステリアデザインリーダー  土田 康剛

マツダプレミアムを
一緒に創りたい

アクセラ エクステリアデザインリーダー
土田 康剛

マツダ車が少しでも皆さんの相棒に
なれているのかなと感じました。

このイベントに来るために、オーナーの皆さんが洗車して来てくれる。そして着いてからもボディを拭いてくれているんです。そういう姿を見るとホント素直に嬉しいし、自分たちが造ったクルマを通して、皆さんと繋がっているんだと実感が湧きます。さらに、我々が強い思いで造った部分を褒めていただけると、あの思いがしっかり伝わっていたんだということを再確認できましたね。マツダ車が少しでも皆さんの相棒になれているのかなと感じました。

アクセラ エクステリアデザインリーダー  土田 康剛

皆さんとの繋がりを深め、
マツダブランドを進化させていきたい。

アクセラ エクステリアデザインリーダー  土田 康剛

これからも、もっと身近に感じるクルマメーカーでありたいと思っています。「マツダプレミアム」という言葉があります。単に“価格”がプレミアムという意味ではなく、皆さんと一緒にプレミアムな“価値”を創っていくということです。皆さんとの繋がりを深め、マツダブランドを進化させていきたい。今回のようなイベントがあれば、私たち開発者もどんどん参加させていただいて、お客様と直接対話させていただいて、より強い信頼を築いていきたいと思います。

  

Axela Town Meeting 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「よくそんなところまで考えてつくっているなって感心しました」

カーラインナップ