Mazda.communication 2015 in MAZDAターンパイク箱根

Mazda.communication 2015
in MAZDAターンパイク箱根

2015年春、MAZDAターンパイク箱根に日本全国から100台にのぼるマツダ車とそのオーナーのみなさまが集まりました。
マツダ本社からはアクセラ開発陣も加わり、いわばマツダ車の「生みの親」と「育ての親」がマツダ談義に花を咲かせました。

  

アクセラ チーフデザイナー  田畑 孝司

マツダが創造する新しい
クルマ文化

アクセラ チーフデザイナー
田畑 孝司

マツダ車を、まるで自分の子どものように
大切にしてくださってることを実感しました。

今回、オーナーのみなさまが本当にマツダ車をわが子のように大切にしてくださっていることを実感し、みなさまとの距離の近さも感じることができました。私たちは、新しいクルマを発売したらそれで終わりじゃないんです。私たちが生みの親だとしたら、オーナーのみなさまは育ての親だと思っています。私たちが魂を込めて生み出したクルマを、オーナーのみなさまがわが子のようにかわいがってくださり、良いところも悪いところも含め、我々にフィードバックしてくださる。我々は、その意見を受けてまた、お返しできるよう開発していく。そうしてみなさんと共にこれからもマツダブランドを成長させていきたいと考えています。

アクセラ チーフデザイナー  田畑 孝司

我々は、新しいクルマ文化を創造していきたい。

アクセラ チーフデザイナー  田畑 孝司

これからも、みなさまが笑顔になれるクルマをつくっていくことはもちろんです。そしてクルマをつくるだけでなくて、今回のイベントのようなクルマを楽しめる場もつくっていきたいと思いました。欧米にくらべるとオーナーの方々とメーカーが一緒になってクルマを楽しめるイベントはまだまだ少ない。そういった環境づくりも含めて、マツダは、他のメーカーさんや家族、恋人ともクルマを楽しんでいただけるような、日本の新しいクルマ文化を創造し、さらにけん引していきたいと思います。

  

Axela Town Meeting 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「よくそんなところまで考えてつくっているなって感心しました」

カーラインナップ