MAZDA BRAND EVENT

大きくても低燃費、ディーゼルでも高い静粛性。
CX-8搭載SKYACTIV-D 2.2の進化とは?

  

マツダブランドスペース大阪で開催されるブランド体感イベント。 今回はCX-8に搭載されたSKYACTIV-D 2.2について、エンジン開発者の想いと進化の内容をご紹介します。

意のままの走りと低燃費・静粛性・クリーンな環境性能を両立したCX-8の新しいクリーンディーゼルエンジン。背反関係にある、走行性能・静粛性能・環境性能すべてを高次元で実現するために、開発にあたり、開発陣は「燃焼」をゼロから考えることに取り組みました。ディーゼルエンジンに対する今までの既成概念を打ち破り、「CX-8はマツダの国内最上級SUVであり、大きなクルマであっても妥協のない『走る歓び』を提供したい」という開発陣の熱意と試行錯誤により、進化したSKYACTIV-D 2.2が生み出されたのです。

開催日:2017年10月21日

  


マツダブランドスペース大阪 関連記事

参加者の声をもっと見る

おすすめ

何も妥協しない、最上のSUVスタイル。MAZDA CX-8

理想のエンジンへの飽くなき探求

MAZDAのクリーンディーゼルは進化をやめないSKYACTIV-Dのすべて

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

ディーゼル特有の音を執念と発想で抑制 ナチュラル・サウンド・スムーザー

カーラインナップ