ジャーナリストトークセッション

モータージャーナリストの方々を招いて行った、新型デミオ(プロトタイプ)の試乗会。ジャーナリストたちは、新型デミオに何を感じたのか。トークセッションで本音を語っていただきました。

ジャーナリストのご紹介

国沢 光宏

国沢 光宏

モータージャーナリスト

佐藤 久実

佐藤 久実

モータージャーナリスト

マツダのこだわりを感じる新型デミオ(1/3)

新しいマツダの新しいエンジン

佐藤 :
マツダは、フルSKYACTIVの新世代シリーズになってから、毎回、まずプロトタイプに試乗させて、意見を吸い上げて修正するっていうパターンでやっているじゃないですか。発売までにそんなに時間もないのに、、、

国沢 :
考えてみたら、昔はどこでも普通にやっていたけど、最近あまりないですね。

モータージャーナリスト佐藤久実

佐藤 :
すごく前向きと言うか、「新しい“マツダ”をやるんだ!」っていう心意気を感じます。ハイブリッド一辺倒みたいな中で、CX-5からディーゼルを出してきたって言うのも、私は“あっぱれ”って感じでした。
とにかくマツダは、一生懸命ですよね。

国沢 :
新型デミオの新しいディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 1.5)も驚きました。そもそも論として、ディーゼルっていうのは非常に難しい技術なんです。特に一番難しいのは、やっぱり排気ガス規制をクリアすることが難しい。
だからマツダが新しく1.5Lクラスのディーゼルを出すって、最初に聞いた時、4気筒の1気筒分をとって3気筒にするのかなと思ったら、全く新しい4気筒だっていうことで“本当に!?”って正直思いました。一般的には、あまり意識されないかもしれないけれど、4気筒の1.5Lディーゼルっていうのは、技術的にも相当難しいレベルなんです。

佐藤 :
もはや今のディーゼルって、昔のものとは全く別物じゃないですか。

国沢 :
昔のディーゼルは、燃費が良い代わりに我慢しなくちゃいけないことが10個くらいありました。それが今は、燃費が良くて、我慢もしなくていいからビックリします。

モータージャーナリスト国沢光宏

佐藤 :
よくこのクラスにまで、ディーゼルを作ってきたなって本当に思いますね。クリーンディーゼルって言い方はしているけど、“ディーゼル”っていう、そもそもの名前も変えてイメージチェンジをしてもいいくらいですよね。

新しいマツダの新しいエンジン

※画像のデミオはプロトタイプです。


  

ジャーナリストプロフィール

モータージャーナリスト国沢光宏

モータージャーナリスト
国沢 光宏 MITSUHIRO KUNISAWA

大学在学中から雑誌ライターとして活躍。そのまま自動車専門誌編集部に就職。3年後に独立し、以来フリーになる。
試乗記からクルマ選び、ドライビングテクニックまで自動車関連ニュースを中心に、広く深く多数メディアにて執筆中。
日本自動車ジャーナリスト協会会員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
KUNISAWA.NET運営中。

モータージャーナリスト佐藤久実

モータージャーナリスト
佐藤 久実 KUMI SATO

大学在学中から自動車競技に参加。1988年の「つくば9時間耐久レース」、「ニュルブルクリンク24時間レース(ドイツ)」へも出場。
現在は、主に自動車関連の雑誌やウェブサイトに出演・寄稿し、自動車関連のテレビ番組への出場も多い。
日本自動車ジャーナリスト協会会員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ