マツダのこだわりを感じる新型デミオ(3/3)

乗るたびに、見るたびに発見がある新型デミオ

佐藤 :
デミオのボディサイズなら自分の手足みたいな感覚で動いてくれるじゃないですか。手のうちにおさまっているような感じで、、、だから新しいデミオの良さって、日常の実用的なシーンでジワジワ味わえるって思うんですよ。

国沢 :
さっき佐藤さんが、ドライバビリティを“プライスレス”って表現されていましたが、それは、たぶん買う前より買った後の方が実感できると思います。デミオって毎日乗っていると、これは乗るたびに“楽しいクルマ”だなって感じると思います。

モータージャーナリスト佐藤久実

佐藤 :
そう。特にクリーンディーゼルのデミオってすごく振り幅があるから、普通に回転を上げずに実用的にも走れるし、逆にちょっと回してもいいし、色んな走り方ができるんです。 そういう意味で、燃費も含めて、乗るたびに色んな乗り方を自分なりに発見していくという楽しさもあると思いましたね。

国沢 :
デザインもそうで、新型デミオにも採用されている“魂動デザイン”って見るたびに良くなってくるデザインだと思いますね。 最近、よく街中でアテンザとか見ますが、伸びやかで、やっぱり良いなって思うんです。 聴くたびに良くなる音楽のように、このデミオも、何度も、何度も見るたびに良くなっていくデザインだと思います。

国沢 :
CX-5も最初に出てから3年目になりますが、今見てどうですか?

佐藤 :
全く古く見えないですね。新型デミオのインテリアなんかも乗っているうちに、その細かい質感の良さが、ジワジワ感じてくる作りになっていると思いますね。

国沢 :
あともっと細かいけどアクセルペダルもね。このクラスとは思えないような、しっかりとしたペダルが新型デミオには付いているから、いつも違和感のないドライビングポジションが取れると思います。

モータージャーナリスト国沢光宏

佐藤 :
ハンドルの位置を調節できるチルトやテレスコピックも、このクラスの中では相当可動域が広いから、結構いいと思いますね。

国沢 :
結局、運転している時に触れているのは、アクセルペダルとブレーキペダル、それにハンドルですから、すごく大切ですよね。 僕も、まだプロトタイプにしか乗っていないから、市販車はさらにどれだけ良くなるか楽しみです。是非みなさんにはディーラーに行って確かめて欲しいです。

佐藤 :
新しいデミオに乗ってみる価値は十分にあると思います。 最初にも話したように、マツダは、私たちが試乗したプロトタイプを、発売までに一生懸命調整して、より良いセッティングに改良するはずですから、是非試乗してSKYACTIV-D 1.5の“おぅー”っていう感覚を体感して欲しいですね。

乗るたびに、見るたびに発見がある新型デミオ

※画像のデミオはプロトタイプです。


  

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ