進化し続ける魂動デザイン(2/3)

運転席だけじゃなく、助手席にも歓びを

モータージャーナリスト竹岡 圭

斎藤 :
ドアを開けた瞬間、目に入るオフホワイトのシートも大胆に進化していて、ついにエクステリアの魂動デザインがインテリアともマッチして、ものすごく高いレベルの室内空間になったって感じたね。

竹岡 :
私も、あのオフホワイトのシートは良かったなぁ。運転中ってずっと中しか見えないからインテリアは大切なんですよね。マツダの方も、ひとクラス上のアクセラのパーツを随所に入れることができたから、かなり上質感が高まりましたって言っていましたね。

斎藤 :
その上質感も、無理矢理コストの高いマテリアルを使って、誰でも出来るような質感の出し方じゃなくて、ドアトリムとかインパネ部分の要所要所に、上手くホワイトのアクセントを入れたりして、センスのいい演出をしているんだよね。運転席のドライビングポジションにしても、こんなにまともに座れるコンパクトカーはないと思ったね。

竹岡 :
アクセルペダルが、オルガン式でしょ!私、足のサイズが22.5cmしかないから、吊り下げ式だと踏み込んでくと、たまに浮いちゃったりするんですよ。

モータージャーナリスト斎藤 慎輔

斎藤 :
僕でも吊り下げ式だとペダルから足が落ちる時があるよ。ポンと座って、自然に手と足を伸ばした所に、ステアリングとペダルがある。それって、体が一切、変な向きにならないんですよ。なんの違和感もなく手足を動かせるとか、腰に負担がないって、実は輸入車も含めてなかなかないんですよね。これも、ちゃんとノーズを伸ばしていることが、機能面に反映されているってことだと思いますね。

竹岡 :
本当にドライバーのことを考えているんですね。あと運転席だけじゃなくて、助手席も凝っていましたよ。普通、エアコンの吹出し口は、センタークラスターの左右に同じ形のものがついていることが多いんですけど、ダッシュボードのデザインに考慮して、吹出し口の形状が違うものになっているんですよ。そんな工夫が助手席の疎外感をなくして開放感を生むんですね。なんだか「あなたも一緒に快適にドライブしましょう!」って言われているように感じましたね。

斎藤 :
マツダは今度の新型デミオをこのクラスのベンチマークにしたいっていう思いがあるみたいだけど、確かにこのクラスで、今のところデミオ以上の出来はないかな。

※画像のデミオはプロトタイプです。


  

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ