クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

pen編集 多田 潤さん

クリーンディーゼルは、乗ってみないとわからない!

pen
編集 多田 潤さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

この力強いトルクはすごいですね。もうコンパクトカー以上の楽しみがありました。
やっぱりクルマが好きな人にとってみると、この走る楽しみ、操る楽しみっていうのがクリーンディーゼルはとてもダイレクトなんだと思います。

ハイブリッド車にない、クルマ本来の"楽しみ"が残っているように思いました。

pen編集 多田 潤さん

試乗されて、小排気量クリーンディーゼルの
イメージは変わりましたか?

ひと昔前は、ディーゼルのイメージってあまり良くなかったと思うんですが、今やヨーロッパでは、ほぼ主流のエンジンで、当たり前のようにイタリアやフランスの街角なんかで走っていますよね。逆に日本が遅れてるというか、種類が少なかった。
エコカーの選択肢のひとつとして小排気量のクリーンディーゼルは断然アリだと思います。まずはクリーンディーゼル車に乗ってみるのをオススメします。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

pen編集 多田 潤さん

マツダは、保守的ではなく、常に先進的に攻めていく!
そんな印象をクリーンディーゼルの開発からも受けますね。

日本の自動車メーカーは、それぞれに持ち味があると思うので、これからも各メーカーの独自発想で、クルマ市場をもっともっと盛り上げていって欲しいですね。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ