クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

UOMO 編集長 西河 淳さん

小排気量クリーンディーゼルは、パワフルだった!

UOMO
編集長 西河 淳さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

ちょっとアクセルを踏んだだけで、ダイレクトに加速感というか、すごくパワーが伝わってきました。
アクセルのレスポンスやブレーキの反応など、すべてにタイムラグを感じず瞬時に伝わる感覚でしたね。

乗ってすぐに"走りそのものも楽しめる"ということが分かりました。

あとは、色んな意味で違和感がない。
音も静かでストレスを感じないから、ドライブが自然で楽しく感じられる気がしましたね。

UOMO 編集長 西河 淳さん

試乗されて、コンパクトカーの
イメージは変わりましたか?

コンパクトカーは、"お買いモノカー"というか、近場をキビキビ動くっていうイメージだったんですが、小排気量のクリーンディーゼルに乗ってみると、アクティブなスポーツ性をすごく感じました。
これだけのパワーなら、高速道路を走っても気持ち良いでしょうね。
力強さと利便性を兼ね備えたクルマでした。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

UOMO 編集長 西河 淳さん

ヨーロッパって日本よりも、より"走り"を求める文化だと思うんです。
小排気量のクリーンディーゼルが起爆剤となって、ヨーロッパの走りの感覚が、日本でも手軽に楽しめるようになって欲しいですね。

クリーンディーゼル開発のみならず、これからもマツダならではの視点を見つけていろいろと開発してもらいたいです。
そういう姿勢は、きっと未来のクルマ界で光り輝くと思います。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ