クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

GQ 編集 森口 徳昭さん

クリーンディーゼルは、
加速の楽しさがあった!

GQ
編集 森口 徳昭さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

やっぱり加速の楽しさがクリーンディーゼルの魅力じゃないですかね。アクセルを踏むと、エンジンが前にあるのに、後ろから押されているような感覚でした。
まるでグイーンっと背中を押されて進んでいるよう。

この手のクルマは、走行して30分くらいしないと良さが分からないのですが、もう乗った瞬間、アクセル踏んで加速するたびに驚いて、良いじゃん!良いじゃん!ってすぐに気に入りました。

プロトタイプですが、仕上がりは相当いいんじゃないでしょうか。

GQ 編集 森口 徳昭さん

試乗されて、小排気量クリーンディーゼルの
イメージは変わりましたか?

ディーゼルと聞くと、トラックのイメージが先行しちゃいますね。
でも既成概念を取り払って、ポジティブに捉えたら、あれだけ大きなトラックを動かすための力強いエンジンが、小さな車体に乗っているということですよね。
コンパクトカーは女性のためのクルマというイメージでしたが、小排気量のクリーンディーゼルを搭載すると男性にとっても、魅力的で十分に楽しめるクルマだと感じました。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

GQ 編集 森口 徳昭さん

今日は、マツダの方からいろいろ説明を受けました。クリーンディーゼルのことを詳しく知っていくと、とってもエコなクルマで地球環境に優しい。ならばもっと積極的にみんなが乗ってもいいんじゃないかなと思いました。

このエンジンがクリーンディーゼル普及の起爆剤になればいいですね。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ