クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

mono 編集 上岡 篤さん

クリーンディーゼルは、予想を裏切るパワーだった!

mono
編集 上岡 篤さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

1.5Lのクリーンディーゼルエンジンとボディサイズが、すごく合ってるような気がしましたね。
それほどアクセルを踏み込まなくてもスッーと前に出ていく。この加速は魅力的ですよ。

今回は試していませんが、高速道路での合流や急勾配の立体駐車場でも、とてもスムーズに加速してくれるんじゃないかな。

クリーンディーゼルはストレスを感じず、逆に"余裕"を感じられるのがいいです。

mono 編集 上岡 篤さん

試乗されて、コンパクトカーの
イメージは変わりましたか?

もともとコンパクトカーのイメージって、お買い物くらいの街乗り使いだから、ちょっとエンジンが回って、そこそこ走れれば良いんじゃないの程度に考えていました。でも、小排気量のクリーンディーゼルは、そんな考えを裏切るだけのパワーがありましたね。
このクルマは、走る楽しみが感じられる。やっぱり男性の中には、走りを楽しみたいっていう人も多いと思うんですが、そういう方でも、十分に満足できるクルマに仕上がってると思いますね。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

mono 編集 上岡 篤さん

マツダは、自分たちで決めた道を突き進む。これが凄くやりやすい自動車メーカーじゃないのかな。他のメーカーさんだと色んな選択肢というか、方向性を考えないといけなくなるけど、マツダには、これからも"走る歓び"を追求するマツダの独自路線をどんどん突き進んで欲しいと思いますね。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ