クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

GetNavi 編集 山田 佑樹さん

クリーンディーゼルは、
新しい乗り物だった!

GetNavi
編集 山田 佑樹さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

ちょっと乗っただけでも、ホント運転が楽しめるなという感じがしましたね。
走り出しから、すごく気持ち良くて、ステアリングのフィーリングとかも良かったですし、素直に反応してくれました。

そして、あのトルクはやっぱり魅力的ですね。
走りだした時の"爽快感"が、一番印象に残っています。

GetNavi 編集 山田 佑樹さん

試乗されて、コンパクトカーの
イメージは変わりましたか?

クリーンディーゼル搭載車の出現で、コンパクトカーのイメージが変わると思いますね。
クリーンディーゼルには経済性とか、色々なメリットがありますが、クルマって大きい買い物なので、妥協する選び方じゃなくて、他よりもちょっと価格が高くても、これを選びたいと感じさせるモデルです。
このデミオのお陰で、クリーンディーゼルって、新しくてカッコ良くて、いいものなんだって感じがするのかなと思いますね。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

GetNavi 編集 山田 佑樹さん

これまでクリーンディーゼルって、高級車や輸入車のクルマに搭載されていて、ちょっと高嶺の花っていうイメージだったんですが、マツダの積極的な開発で徐々に身近なものになってきたという印象ですね。

最近のマツダは、パワートレインはもちろん、デザインもいいし、総合的にクルマの魅力を多くの人に伝えられるブランドだなって思いますね。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ