クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

Mono Max 宝島社 編集 奥家 慎二さん

クリーンディーゼルは、選んだ時点でエコだった!

Mono Max 宝島社
編集 奥家 慎二さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

実際に乗ってみて、パワフルな走りとキビキビした動きがすごく好印象でした。
特にカーブの後の加速は、すごくトルクがあって気持ち良く、エンジンの音がうるさくないのも良かったです。

このクルマだったら、遠出しても全然いいな~と本当に思いました。

Mono Max 宝島社 編集 奥家 慎二さん

試乗されて、コンパクトカーの
イメージは変わりましたか?

正直、コンパクトカーって女性が運転するセカンドカーというイメージがありましたね。でも、今日クリーンディーゼル車を試乗してみて"バリバリ"メインで行ける!という感想です。あと原油を精製する時に出るCO2は、ガソリンよりも軽油の方が少ないと知りました。

実際にクルマを運転する時だけでなく、"クリーンディーゼル車を選ぶ"ってところから、エコが始まってるんだなって思いました。
気持ち良く走れるのにエコだと知って、そこは嬉しかったですね。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

Mono Max 宝島社 編集 奥家 慎二さん

クルマを購入される方は、色んな価値を期待されてると思うのですが、そこにマツダは独自の価値を付加してくれるので、クルマ好きの方たちから、すごく喜ばれるんだと思います。

クリーンディーゼルというエンジンだけでなく、ランニングコストや輸入車に負けないデザインに至るまで、SKYACTIVというトータル的な魅力に惹かれますね。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ