クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

Business Media 誠 ライター 八百山ゆーすけさん

これからは、クリーンディーゼルを選ばない手はないと思います!

Business Media 誠
ライター 八百山ゆーすけさん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

もうパワーがコンパクトカーではなく、ワンランク上の大きいクルマに乗ってる感じでしたね。
アクセルを踏んだ時に、気持ち良く前に出て、気持ち良く曲がれて、気持ち良く止まる。そこに尽きるんじゃないですかね。

エンジンの力強さやたくましさなど、クルマとしての作りが分厚く感じるのに、軽快に走る。
クリーンディーゼルを選ばない手はないなっていうぐらいに感じました。

Business Media 誠 ライター 八百山ゆーすけさん

試乗されて、小排気量クリーンディーゼルの
イメージは変わりましたか?

やっぱり今までディーゼルエンジンは、クリーンじゃないっていうイメージがありましたね。
それが"クリーン"ディーゼルという名の通り、煤は出ないし、音も静かで、そしてランニングコストも含めてクルマとしてのメリットが大きい!
普段使いのサイズで小排気量でも、トルクがある分、アクセルを踏まなくていいので、運転に"余裕"が生まれるなぁ~と思いましたね。しいて言うと、"燃費のいいスポーツカー"という感覚でしょうか。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

Business Media 誠 ライター 八百山ゆーすけさん

このコンパクトカークラスでのクルマ選びのポイントって、ずばり"経済性"だと思うんですよね。
ことのほか燃費が重要視されるんですが、そこにマツダは、"楽しさ"という要素も与えてくれているのはいいですね。

ドライビングに、ちょっと"楽しさ"も欲しいという人には良い選択肢になると思います。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ