クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

孫の力 Magazine from Z to A 編集 門前 貴裕さん

小排気量クリーンディーゼルは、規格外でした!

孫の力 Magazine from Z to A
編集 門前 貴裕さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

もう"コンパクトカーじゃない"っていうのが、率直な感想ですね。

低速からエンジン音が違っていて、直線でアクセルを踏んだ時も"ビューン"と伸びるんで、これはちょっと驚きというか、居住空間もさることながら、普通に大きいクルマに乗ってるような感覚がありました。

孫の力 Magazine from Z to A 編集 門前 貴裕さん

試乗されて、コンパクトカーの
イメージは変わりましたか?

試乗前は、とくに予備知識もなく、ただ燃費が良くて、小回りが利くのかなというイメージでしたけど、クリーンディーゼルを載せたコンパクトカーは、これまでのコンパクトカーやハイブリッドカーと比べたら、同じジャンルじゃない。違うクルマだっていう印象ですね。

多分このクラスのクルマを買われる方は、走りは二の次で、どうしても燃費とデザインをベースに選んでいたと思うんですが、そこに新しく"走りで選ぶ"という可能性が出てくるのかなって気がしましたね。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

孫の力 Magazine from Z to A 編集 門前 貴裕さん

マツダって独特なクルマメーカーだなって思っていましたね。常に面白い事に取り組んでいて、今回のクリーンディーゼルも期待以上の走りだったので、コンパクトカー全盛の時代の中でブレイクするんじゃないかなって予感はしますね。

さすがマツダという感じでしたね。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ