クリーンディーゼルエンジン メディアエディター試乗インプレッション

クリーンディーゼルエンジン
メディアエディター試乗インプレッション

2014年8月27日(水)東京晴海埠頭にてメディア向けに実施された、クリーンディーゼルエンジン搭載 新型デミオ プロトタイプ試乗会で実際に試乗されたメディア編集者からの声をお伝えします。

  

THE PAGE 編集 宗宮 隆浩さん

僕にとってクリーンディーゼルは、目から鱗でした!

THE PAGE
編集 宗宮 隆浩さん

新型デミオのクリーンディーゼルに乗ってみた感想は?

クリーンディーゼルは、楽しい!乗っていて、とっても楽しかったです。
大人5人で乗っていたので、かなり重かったと思うんですが、1.5Lエンジンとは思えないような乗り味でした。

加速が本当にクイックで、ほとんどストレスがない感じ。自分の手足になったみたいに、すぐ曲がって、すぐ止まってくれるので、運転が疲れなくて、いつまでも乗っていたいという感じになりました。

THE PAGE 編集 宗宮 隆浩さん

試乗されて、コンパクトカーの
イメージは変わりましたか?

いわゆるコンパクトカーって、走りがいまいちというイメージを持っている方も多いと思うのですが、今回初めて小排気量のクリーンディーゼルを搭載したコンパクトカーに乗ってみて、目から鱗でしたね。
エコカーっていうと、どうしても電気方向へ走りがちですが、個人的にはエコなレシプロエンジンが出てくるっていうのはすごく嬉しいですね。走りや加速感を楽しみたいって人には、クリーンディーゼルは良い選択肢になるんじゃないかなと思いますね。

クリーンディーゼルの開発に取り組むマツダに一言!

THE PAGE 編集 宗宮 隆浩さん

もっともっとクリーンディーゼルの開発を進めていって欲しいですね。
エコカーに乗っている人たちの中にも、"運転を楽しみたい"っていう需要は大いにあると思うんです。

いろいろなエンジンでエコを追求していって、色々な選択肢があった方がユーザーにとっても非常にいいと思いますね。
是非これからも頑張っていって欲しいと思います。

メディアエディター試乗インプレッション 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ