マツダデザイン・アトリエ REPORT

マツダデザイン・アトリエ REPORT

東京ミッドタウンで行われた「マツダデザイン・アトリエ」では、実際にマツダのデザインに触れていただいくため、モノに命を吹き込むクレイモデル造形体験会を開催。ご来場の方々から多くのお声をいただきました。

  

大竹 花波 様(高等専門学校生)

親しみと愛着を感じる
デザイン。

大竹 花波 様(高等専門学校生)

クルマのデザインで一番惹かれる部分は、
どこでしょうか?

新型デミオのデザインは、素直にカッコイイと思いました。私のお気に入りはヘッドランプの部分、すごく印象的ですよね。
全体のデザインを見ても、シャープな感じがしつつも安定感を感じる気がします。
だからとっても親しみやすくて、愛着が感じられそうなデザインになっているんだなぁと思いましたね。

マツダデザイン・アトリエ REPORT

マツダのデザインについてどう思いますか?

大竹 花波 様(高等専門学校生)

将来はプロダクトデザイナーになりたいと考えているので、今回はプロのクレイモデラーさんと一緒に作業ができて、とても勉強になりました。粘土の質感がとても硬いことにビックリしましたね。
微妙なラインを出せるように、マツダはとくに硬い粘土を使用しているそうで、そこにもこだわりがあるんだと驚きました。
私も、自分のこだわりが表現できるデザイナーになれるよう、頑張って勉強していきたいです。

  

デザイン・ アトリエ REPORT 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ