「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」  Mazda Design 取材会 体験レポート

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」
Mazda Design 取材会 体験レポート

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」にてマツダは『This is Mazda Design. CAR as ART』を出展しました。会場には、「ミラノデザインウィーク2015」に出展したプロダクツが集結。メディアの方への取材会では、マツダデザインに関するプレゼンテーションが行われるとともに、さまざまな素材の提案と造形を通じて、魂動デザインの表現に携わるハードモデラーがメディアの皆さんと歓談。マツダデザインへの理解をより深めていただける取材会となりました。

  

InRed エディター 松本 茜さん

直感を大切にする女性の美意識に、感覚的なデザインが響きます。

InRed
エディター
松本 茜さん

男と女を超えた「大人」のためのデザイン。
実直に見えるのは、洗練の証です。

「私が担当する記事はファッションが中心で、2年くらい前からクルマも担当するようになったんですが、最初、マツダデザインには男性的なイメージがありました。会社のイメージも含め、無骨で飾りっ気がなくて実直な感じでしたね。でも、マツダさんの発表会や試乗会に行くようになったら、男性的なんじゃなくて洗練されてるんだってことに気付きました。クルマのデザインって、男性向けか女性向けかをハッキリ分けていることも多いですけど、マツダさんのデザインは大人のためのデザインかな。

男と女を超えた「大人」のためのデザイン。実直に見えるのは、洗練の証です。

今日、ロードスターやCX-3を見せていただいて、自分の趣味で身の回りのモノを選べるようになった大人が、自分の価値観で選ぶクルマでありデザインだって改めて感じました。感覚的な面ですごく優れたデザインだと思いますね。女性は物事を直感で捉えるところがあるので、マツダさんのクルマを見ると、綺麗なカラーリングやイケメンな雰囲気に惹かれます」。

Bike by KODO conceptに感激。
人の想いはデザインに表れます。

Bike by KODO conceptに感激。人の想いはデザインに表れます。

「今回のイベントでは、クルマにも本当に日本ならではのデザインができるんだなってことが、今まで以上に理解できましたね。デザイナーさんとお話をさせていただくといつも思うんですけど、派手なプレゼンではなく実直にお話をしてくださいますし、出展作品の『Bike by KODO concept』が、クルマを作っている方の手づくりだなんて話を聞くと、心からリスペクトを覚えます。
私は美術系の大学で油絵をやっていましたから、作品はテクニックだけではなく、ひとつひとつ心を込めて仕上げるものだという言葉にはすごく共感できますね。

人の想いってデザインに表れるんだな、と改めて感じました。環境や経済性が重視されている今、日本車のデザインは生産性を重視しすぎているんじゃないか、という印象を持っていましたけれど、マツダさんのデザインを見ると、日本車と日本の美しさを、前に前にと引っ張ってくれているような気がします」。

Bike by KODO conceptに感激。人の想いはデザインに表れます。

Bike by KODO conceptに感激。人の想いはデザインに表れます。


「ロードスター」のスタイリングを想起させる自転車

イタリアのミラノで開催された「Mazda Design クルマはアート」に出展し好評を博したマツダのアートピースの一つ、「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」。
自転車本来の美しさを追求した、必要最小限のパーツしか持たないこのトラックレーサーは、研ぎ澄まされたシンプルさのなかにロードスターのスタイリングに通じる躍動感を純粋に表現したマツダ独自のデザイン。フレームはマツダの職人が一枚の鉄板から丹念に叩き出して造形、またサドルには手縫いの革を用いて、ロードスターと同じ意匠のステッチをあしらいました。

Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)

MAZDA DESIGN ELEGANCE

  

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」 Mazda Design 取材会 体験レポート 関連記事

おすすめ

開発者が語る"クルマに命を宿す、デザインの力。"

魂を吹き込む。命を与える。 思想を実現する、マツダのクルマづくり

日本の伝統美と“魂動”の化学反応 マツダデザイン 名匠と語る

マツダが誇る” 匠の技” 内面の思想を表現するのがマツダデザイン

マツダデザインの変遷を体感。 Automobile Council 2016

カーラインナップ