MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015

MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015

2015年7月19日、株式会社オートポリス主催によるこのイベントに、九州・中国地方を中心に全国から2,000人を超えるマツダファンが集結。同年4月の東北に続いてのファンミーティングが、大分県のオートポリスで九州初開催されました。
メインスタンドには新旧歴代のマツダ車が200台以上並び、サーキットコースではマツダのレジェンドカーである787Bが24年ぶりにオートポリスを走行。ロードスター開発主査をはじめとするマツダ開発陣も参加させていただき、特設ステージでの「人馬一体トークショー」、メインスタンドに隣接する広場での「最新マツダ車体験試乗会」や「ドライビングポジションレクチャー」、「モノ造り展示」ブースの出展など、多くのファンにマツダの歴史や最新技術を体感いただきました。

  

永井さん

自分の行く道を屈することなく突き進む、
マツダが好きです

所有車:ホンダ ステップワゴン
永井さん

単にクルマを売るだけじゃない、
ドライバーにとって大切なことを教えてくれる。

開発スタッフの方にロードスターを使ってドライビングポジションを教えていただきました。人間工学的に正しいポジションがとれるクルマづくりをしていることを説明していただき、これは全てのドライバーが知るべきだと感じました。安全とは言えないポジションで運転している人は多いと思います。自動車メーカーとして、単にクルマを売るだけでなく、安全にカッコよく運転を楽しんでもらう為にこのようなクルマづくりや活動をされているという点が素晴らしいと思います。そういう取り組みがクルマ文化を安全でかっこいいものに変えていくと思います。

永井さん

マツダの走る歓びや運転が
楽しいっていう想いが伝わってきます。

永井さん

ロードスターや787Bなど、普段身近にないクルマとこのようなイベントで気軽に触れあえて体感できることが嬉しいです。マツダは自分の行く道を屈することなく突き進んでいるイメージで、以前からヨーロッパで受け入れられていた良さが最近日本でも広がっていると感じます。ロードスターをはじめ、マニュアル車へのこだわりや走る歓びを追求する、そんな姿勢が好きです。CMも“運転が楽しい”という深層心理が表れていて、見ていて気持ちがいいです。これからも変わらずに良いクルマを作って欲しいです。

MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「気持ちが伝わって、ますます好きになりました」

カーラインナップ