MAZDA FAN TOHOKU MEETING 2015

MAZDA FAN TOHOKU MEETING 2015

2015年4月、2,500名を超えるマツダファンがスポーツランドSUGOに集まりました。オーナーのみなさまのマツダ車はもちろん、新旧のレーシングカーまで歴代のマツダ車が一同に集結し、体験試乗会も開催されました。

このイベントは、東日本大震災の被災地である東北に一人でも多くの方に関心を持っていただき、復興への道のりを感じていただくことも大きな趣旨となっています。

  

黒田さん

歴史を知ることで深まる
マツダ車の味わい

所有車:アクセラ
黒田さん

ル・マンへの挑戦と
優勝した感動を知ってから、
いつかマツダに乗りたいと思っていました

マツダに最初に興味を持ったのは、テレビ番組でル・マンへの挑戦が取り上げられていたときです。過酷なル・マン24時間レースへの挑戦と、そのとき世界中の誰もが想像しなかったマツダの優勝に感動し、いつかマツダに乗りたいと思っていました。サーキットでのスポーツ走行も楽しめて、普段は一緒に乗る人も心地よいクルマだと思ったことがアクセラを選んだ理由です。アクセラに乗ってから、「なぜ運転が楽しいんだろう、何が楽しいんだろう」と、クルマの開発技術にも興味を持つようになりました。マツダ車の技術の進化にはル・マンへの挑戦などの背景があって、それらの歴史も知ることで、クルマに対してさらに味わいを感じています。

黒田さん

わかっていたけど、やはりマツダの方は「クルマ好き」

開発の方と直接お話しして、「やはり皆さんクルマが好きなんだなぁ、同じクルマ好きの仲間なんだ」と感じました。どんな質問に対しても真摯に受け答えしてくれて、クルマづくりへの真剣さや情熱が伝わってきました。これからもマツダだからこそ出来る挑戦を続けて、いいクルマをつくり続けて欲しいです。

MAZDA FAN TOHOKU MEETING 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダは、クルマ文化を安全でカッコイイものに変えていく」

カーラインナップ