人馬一体アカデミー

人馬一体アカデミー

意のままに操れる信頼関係があるから、大切な人を乗せて走ることができる。
操る楽しさから、どこまでも走りたくなる「走る歓び」を感じる。そうすることで、クルマは大切な相棒となる。
これらの体験を繰り返すことで、自然と笑顔が生まれ、充実感に満ちた生活を手に入れることができるはずだとマツダは考えています。

そんな想いをお伝えするために開催された「人馬一体アカデミー」には、たくさんの皆様にご参加いただくことができました。

  

会社員/千葉県

正しいドライビングポジションは安全のためにも必要

所有車:なし
会社員/千葉県

人馬一体アカデミーに参加して、いかがでしたか?

10年くらい前までは、よくクルマに乗っていたのですが、最近はクルマを手放したせいもあって、あまり乗っていませんでした。でも今回、この人馬一体アカデミーに参加して、マツダの方の話を聞いていると“またクルマを走らせてみたい”とすごく思いました。クルマって、移動するための単なる道具だと思っていた部分があったのですが、ちょっと自分のなかで“クルマ観”が変わりましたね。開発を担当されているマツダの方が、愛車のプレマシーを例にとって家族のなかにクルマが溶け込んでいるという話をされていたのが印象的でした。

人馬一体アカデミー

家族の思い出と共にいつも愛車の存在があるということを聞いて、クルマに対する熱い思いを感じましたね。私もクルマを所有していた時に、もっとこまめに洗車をしてあげればとよかったなと思いましたね。愛着を持って接すれば、クルマと心が通じ合うという歓びを感じることができるんだなと今回は大変勉強になりました。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

人馬一体アカデミー

運転が楽しくなる以前に、安全でなければならないというマツダの考え方に賛成ですね。そのためにマツダは、できあがったクルマに人間が合わせるのではなく、人が自然と取った姿勢が正確なドライビングポジションになるよう、ペダルやタイヤの位置をずらしたり、いろいろな研究開発しているということがわかりました。人とクルマが人馬一体の関係を築けるように、ものすごく考えているんだなとつくづく感心しました。本当にドライバーのことを第一に考えてクルマ造りをされている。

日頃、何気なく乗っているクルマの中に、マツダのこだわりや思いがたくさんつまっているということを改めて感じることができました。今日はとても興味深い話が聞けて良かったです。次に選ぶクルマは大切に乗ってあげたいですね。最近のマツダのクルマはすごく評価も高いので、次の相棒としてマツダ車にとても興味が湧きました。

  

人馬一体 アカデミー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

「自然な操作が、人馬一体の走りにつながる」 開発者が語る理想のドライビングポジション

「常に先進的、それがマツダのクリーンディーゼル」

「こんなクルマづくり、日本ではあまりないんじゃないですか」

カーラインナップ