人馬一体アカデミー

人馬一体アカデミー

意のままに操れる信頼関係があるから、大切な人を乗せて走ることができる。
操る楽しさから、どこまでも走りたくなる「走る歓び」を感じる。そうすることで、クルマは大切な相棒となる。
これらの体験を繰り返すことで、自然と笑顔が生まれ、充実感に満ちた生活を手に入れることができるはずだとマツダは考えています。

そんな想いをお伝えするために開催された「人馬一体アカデミー」には、たくさんの皆様にご参加いただくことができました。

  

会社員/新潟県

人馬一体とは
クルマとの信頼関係

所有車:インプレッサ
会社員/新潟県

人馬一体アカデミーに参加して、いかがでしたか?

人馬一体アカデミーでは、とても興味深い話をたくさん聞けました。マツダ車は、本当にクルマ好きの人たちが造っているクルマだということがよく分かりました。とくに開発者の方は“クルマとの対話”ということを中心に話されていましたが、私自身、人とクルマが人馬一体になるには、人とクルマの“信頼関係”が大切だと思いましたね。人がクルマを信頼するからこそ、クルマからも信頼されるドライバーでなけなればならない。操作する上でクルマの挙動やコンディションに気を配り、クルマの意に反したような運転は避けるべきだと思いますね。

人馬一体アカデミー

そして、正しいドライビングポジションをとって運転することで、自分の思ったとおりにクルマが走ってくれたり、ちょっとキツイかなと思ったところでも、クルマの方が意をくんでくれて曲がれたりする。そうした時に、“走る歓び”を感じることができて、“運転って楽しい”と思えるのではないでしょうか。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

人馬一体アカデミー

以前からマツダのSKYACTIV技術は、革新的なことをやっているなと注目していました。内燃機関であるエンジンを突き詰めるだけでなく、シートやヘッドライトも突き詰める。さらに安全基準がどんどん上がっている中で、普通ならクルマの重量が重くなっていくのに、逆に軽量化をしているというのもすごく驚きでした。今回、開発に携わっている方と直接お話しができて、その努力やこだわりを感じることができました。そして、新しく発表された市販車モデルのCX-3にも座ることができて、人馬一体アカデミーに参加した甲斐がありました。

こういうクルマファンにはたまらないチャンスを作ってくれるのもうれしいですよね、ホントにラッキーでした。CX-3のシートもとても良い感じでした。仕事でよく高速道路を使って長距離を走るのですが、やっぱりシートの良し悪しは、走りの楽しさに直結しますよね。

  

人馬一体 アカデミー 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

「自然な操作が、人馬一体の走りにつながる」 開発者が語る理想のドライビングポジション

「常に先進的、それがマツダのクリーンディーゼル」

「こんなクルマづくり、日本ではあまりないんじゃないですか」

カーラインナップ