Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート

Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート

マツダ開発陣による運転姿勢のレクチャーや同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience」。今回は、加賀百万石の城下町として知られる金沢での開催となりました。金沢城の石垣を望む「しいのき迎賓館」に、マツダ新世代モデルが集結。開発者によるマツダが考える理想のドライビングポジションについての講義を受けた後、参加者の方々はご希望のクルマで続々と試乗コースへと走り出していきました。この日は天候にも恵まれ、金沢の美しい街並みを巡りながら、みなさん気持ちよさそうに試乗を楽しんでいらっしゃいました。

  

Be a driver. Experience at 金沢参加者 千歩さん

同じ街を違うクルマで走ると、新鮮な気分を感じる。

所有車:スバル ステラ
千歩さん

クルマの最新情報をサイトなどでチェックするのが大好きという、千歩(せんぶ)さん。次の購入予定のクルマにハッチバックを検討中とのことで、アクセラスポーツを試乗してくださいました。

目立たない運転姿勢を重視する姿勢に、
クルマづくりへのこだわりを感じます。

「運転姿勢のレクチャーは驚きました。疲れない姿勢は何となく意識していたんですが、目線までは考えたことがなくて。遠くも近くもよく見えるポイントなんて全然知らなかったです。姿勢を合わせてもらったら、リラックスしてハンドルが握れて。いつもは変に力が入ってたんだなって思いました。普通のメーカーだったら、燃費とか、上質感とか、そういうわかりやすい部分に力を入れると思うんですが、運転姿勢っていう人があまり意識しないような部分にこだわっているのが、すごくいいなって思いました。

目立たない運転姿勢を重視する姿勢に、クルマづくりへのこだわりを感じます。

試乗でよかったのは、アクセルを踏む時の快感ですね(笑)。思い通りに加速してくれるというか、レスポンスが自分の感覚とすごく一致していて。あれは気持ちいいですね」。

いつもの走り慣れた街が違って見える!
とても楽しくて、ちょっと不思議な体験でした。

いつもの走り慣れた街が違って見える! とても楽しくて、ちょっと不思議な体験でした。

「普段、何気なく走っている道ですけど、こうしていつもと違うクルマで楽しんで走ると、すごく新鮮な気持ちになりますね。自分の住んでいる街を違った視点で見ることができるというか。それに慣れた道を走るから、クルマの違いもよく感じられる気がします。でも、クルマをつくった人と一緒に、そのクルマで走るなんて何だか不思議な気分でした。『運転、丁寧ですね』なんて言われて少し舞い上がっちゃって(笑)。クルマのつくり手の方からほめられるのって、想像以上にうれしかったです(笑)。

マツダのクルマの魅力は、乗って楽しいってことに尽きますね。金沢には、医王山って夜景がきれいに見えるところがあるんですけど、そこにドライブに行きたいですね。ちょっと坂道なんですけど、クリーンディーゼルならそれもまた楽しいだろうなって思います(笑)」。

いつもの走り慣れた街が違って見える! とても楽しくて、ちょっと不思議な体験でした。

いつもの走り慣れた街が違って見える! とても楽しくて、ちょっと不思議な体験でした。

Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ