Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート

Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート

マツダ開発陣による運転姿勢のレクチャーや同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience」。今回は、加賀百万石の城下町として知られる金沢での開催となりました。金沢城の石垣を望む「しいのき迎賓館」に、マツダ新世代モデルが集結。開発者によるマツダが考える理想のドライビングポジションについての講義を受けた後、参加者の方々はご希望のクルマで続々と試乗コースへと走り出していきました。この日は天候にも恵まれ、金沢の美しい街並みを巡りながら、みなさん気持ちよさそうに試乗を楽しんでいらっしゃいました。

  

Be a driver. Experience at 金沢参加者 フリーアナウンサー福田佳緒理さん

“人”への強いこだわりは、
時代の流れにも合っている。

フリーアナウンサー
福田 佳緒理さん

地元TV局のフリーアナウンサーとして、この日、イベントを取材してくださった福田さん。開発者の同乗によるCX-3の試乗も体験され、予想以上の運転のしやすさに驚いたご様子でした。

人間中心という物事の本質に迫るコンセプト。
今の時代の流れにも合っている気がします。

「今日はドライビングポジションの話が印象的でした。正直、運転する時の姿勢について意識したことはなかったんですが、リラックスした姿勢のほうが素早く動けるとか、ちゃんとした理屈を聞くと、ああ、なるほどって感じましたね。人間を中心にクルマをつくっていくという考え方も、今の時代に合っているような気がしました。

人間中心という物事の本質に迫るコンセプト。今の時代の流れにも合っている気がします。

最近って外側の印象も大事ですが、内側というか本質的な部分を大切にする人たちが増えていると思うんです。そういう意味で、運転姿勢を重視するという思想は、クルマの本質を考えているというか、そんな印象を受けたんです。ここまでマツダさんが“人”にこだわってクルマづくりに取り組んでいたというのは、CMだけではなかなかわからないですし、今回の大きな発見でしたね」。

その開発者が、実際にこの場に来て話をする。
本当に素敵な取り組みだと思います。

その開発者が、実際にこの場に来て話をする。本当に素敵な取り組みだと思います。

「クルマがないと生活に不自由するという点では、北陸はかなりのクルマ社会です。こういうイベントが開催されるのは、とても意義があると思います。しかも東京に次いで2番目で(笑)。県民としてうれしいですね。開発者の方ってもっと堅苦しいかなと思っていたのですが、お会いすると親近感のある方ばかりで。しかもVTRとかじゃなく、本当にこの場にいらっしゃっているのがすごくいいなって思いました。今の時代、実際に本人が来なくても、やりようはいくらでもあるじゃないですか。でも、実際にその人が来て話をすると、記憶も印象も全然違うものになりますよね。

今日CX-3に試乗させてもらって、運転のしやすさにびっくりしました。マツダのクルマって外観がクールで男性的なので、どちらかというと助手席に乗る印象だったんです。それが今日、運転席がイメージできました(笑)。赤いマツダ車、ちょっと気になり始めましたね」。

その開発者が、実際にこの場に来て話をする。本当に素敵な取り組みだと思います。

その開発者が、実際にこの場に来て話をする。本当に素敵な取り組みだと思います。

Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ