「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

マツダのクルマづくりへのこだわりを、もっと感じていただきたい。人とクルマの関係を深める、さまざまな体験の場をお届けする「Be a driver. Experience」。今回は、北海道のマツダ剣淵試験場にて、同町にお住まいの方々をお招きし、マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を体感いただきました。当日朝の最低気温はおよそ零下20℃。普段見ることができない雪に覆われたテストコースを参加者自らが走行し、開発者によるスラローム走行などを同乗体験されるなか、雪深い同試験場で走行性能を磨き上げた「i-ACTIV AWD」の安定した走りに笑顔が。穏やかで風もない冬空のもと、剣淵町の皆さんとマツダの親睦がより深まる1日になりました。

  

「Be a driver. Experience at 剣淵」参加者 小野寺さんご夫妻

本を読むだけでは分からないことに、たくさん気付いた1日でした。

所有車:トヨタ カローラ・ルミオン
小野寺さんご夫妻

雪道走行でいちばん大切なのは、
このクルマなら大丈夫、という信頼感。

「仕事でもプライベートでもクルマに乗ります。雪道の運転には特に気を使っているので、スピンした経験などはないのですが、道が部分的に凍っていたり吹きだまりがあったり、自分のクルマでは思いがけずお尻が滑る感じがよくありますね。でも、CX-5を運転したら、すごく安定しているので驚きました。先が見えにくいカーブでも不安なく走っていける。雪道では、このクルマなら滑らない、と信頼できることが大切ですから、CX-5の印象はじつによかったです」。(ご主人)

マツダは、エンジン自体を魅力にできる数少ないメーカーだと思います。

「クルマを運転しないと生活できない土地柄なのですが、私は運転に自信がないので、雪が降ると出歩かなくなってしまうんです。CX-5は大きなクルマなのに四隅が分かりやすく、視界もいいので、私でも安心して運転できそうですよね」。(奥様)

運転しやすく、居心地がいい。
人間の感覚にすごく近いクルマですね。

運転しやすく、居心地がいい。人間の感覚にすごく近いクルマですね。

「スラローム走行などを体感させてもらいましたが、本当に滑らないですね。しかも、身体が左右に揺すられず、すごく乗り心地がいいんです。ディーゼルエンジンは低い回転から柔らかく優しく力強く走ってくれますし、操作に気を使わなくても自分の思い通りに扱えます。曲がろうと思えばその通りに曲がるし、ピラーが邪魔にならず周囲が見やすい。シートも包み込まれるように快適で、人間の感覚にすごく近いクルマだと感じました。

開発者の方に直接お話を伺ったのは初めてでしたが、本を読んだりするだけでは実感できないことや、クルマの各部がどのような思想で作られているのかについていろいろ聞けて、なるほど!と初めて気付くことが多かったです。ぜひまた参加したいですね」。(ご主人)

運転しやすく、居心地がいい。人間の感覚にすごく近いクルマですね。

運転しやすく、居心地がいい。人間の感覚にすごく近いクルマですね。

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

カーラインナップ