「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

マツダのクルマづくりへのこだわりを、もっと感じていただきたい。人とクルマの関係を深める、さまざまな体験の場をお届けする「Be a driver. Experience」。今回は、北海道のマツダ剣淵試験場にて、同町にお住まいの方々をお招きし、マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を体感いただきました。当日朝の最低気温はおよそ零下20℃。普段見ることができない雪に覆われたテストコースを参加者自らが走行し、開発者によるスラローム走行などを同乗体験されるなか、雪深い同試験場で走行性能を磨き上げた「i-ACTIV AWD」の安定した走りに笑顔が。穏やかで風もない冬空のもと、剣淵町の皆さんとマツダの親睦がより深まる1日になりました。

  

「Be a driver. Experience at 剣淵」参加者 佐藤さん

同じAWDでもマツダはすごい。雪道でも安心して運転できますね。

所有車:ニッサン ノート
佐藤さん

登坂路や山岳路でも滑らない。
ハンドルを握ってみて実感しました。

「片道15kmほどの道を通勤しているのですが、朝晩は滑りやすくて怖いです。家から幹線道路までの間に急ブレーキを踏んでみて、滑り方を毎回確認しています。日によって滑り方が全然違うんですね。特に信号発進や上り坂、下りのカーブは神経を使います。テストコースで、2WDのデミオとAWDのデミオが、急坂でハンドルを目いっぱい切って発進する様子を比較してみて、AWDはタイヤが全然滑らずに発進していたので驚きました。デミオのAWDはすごいですね。

登坂路や山岳路でも滑らない。ハンドルを握ってみて実感しました。

先日、自分のクルマで交差点を曲がっているときに滑って怖い思いをしたのですが、登坂路や山岳路でアクセラを運転させてもらったら、普段は怖くて絶対に出せないようなスピードで、まったく滑らずに走りきってしまいました。同じAWDでもこんなに差があるものなのかとビックリです」。

普段の道をいかに安心して走れるか。
そのこだわりの開発姿勢が頼もしい。

普段の道をいかに安心して走れるか。そのこだわりの開発姿勢が頼もしい。

「いまはノートのAWDに乗っていますが、本当はCX-3が欲しかったんです。中古車が出回ってなくて諦めましたが、マツダを買っておけばよかったなあとちょっと後悔しています。今日はアクセラを運転しましたが、すごく安定していて乗りやすいですし、アクセルを踏んだときの加速感覚や、滑りやすい道でブレーキを踏んだときの安心感、ハンドルを切ったときのフィーリングがすごく良い。クルマがどう動いているのかが本当にわかりやすくて、思い通りに走れます。

雪がない季節に私たちが走っている道を閉鎖して、テストコースにしているのもうれしいですね。普段の道を普段通りに走ったときに安心できるか怖いか、感覚的な部分も重視して開発しているのだそうです。開発者の方と直接お話しをすることで、マツダにより親近感が湧いてきました」。

普段の道をいかに安心して走れるか。そのこだわりの開発姿勢が頼もしい。

普段の道をいかに安心して走れるか。そのこだわりの開発姿勢が頼もしい。

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

カーラインナップ