「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート

マツダのクルマづくりへのこだわりを、もっと感じていただきたい。人とクルマの関係を深める、さまざまな体験の場をお届けする「Be a driver. Experience」。今回は、北海道のマツダ剣淵試験場にて、同町にお住まいの方々をお招きし、マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を体感いただきました。当日朝の最低気温はおよそ零下20℃。普段見ることができない雪に覆われたテストコースを参加者自らが走行し、開発者によるスラローム走行などを同乗体験されるなか、雪深い同試験場で走行性能を磨き上げた「i-ACTIV AWD」の安定した走りに笑顔が。穏やかで風もない冬空のもと、剣淵町の皆さんとマツダの親睦がより深まる1日になりました。

  

「Be a driver. Experience at 剣淵」参加者 野村さんご一家

マツダのAWDは驚くほど滑らない。家族が安心して乗れますね。

所有車:ジープ パトリオット
野村さんご一家

高速で左右にハンドルを切っても、
身体が揺れずに乗っていられます。

「デザインに惹かれて購入したパトリオットで、レジャードライブを楽しんでいます。本格的なAWDですから、雪道でもよく走るのですが、ていねいに運転しないと後輪が横滑りすることがあり、そのたびに妻が怖がって悲鳴を上げ、私はその声にビクッとします(笑)。マツダのAWDは、開発者の方が『1cmたりとも滑らせたくない』とおっしゃっていた通り、驚くほど滑らず安定して走行できました。テストコースでスピードを出しても不安感がまったくありませんね」。(ご主人)

高速で左右にハンドルを切っても、身体が揺れずに乗っていられます。

「後ろの席に乗っていても、信頼感が伝わってきますね。驚いたのは横滑り防止機能です。スラローム走行体験で機能を使わないときには、後輪が滑って身体が左右に揺さぶられていましたが、機能を使うとその揺れがピタッと止まります。子どもも私も安心して乗っていられますね」。(奥様)

ハンドルやペダルが操作しやすく、
自然に走れるのがいいですね。

ハンドルやペダルが操作しやすく、自然に走れるのがいいですね。

「滑らないAWDのほかに印象的だったのは、ハンドルやペダルが操作しやすいことです。いま乗っているクルマは、ブレーキペダルの遊びがとても大きく、運転中の操作が大ざっぱになってしまいがちなんです。しかしマツダ車は、初めて運転したクルマなのに自然に操作できました。ドライビングポジションのレクチャーでは、普段よりも座る位置がかなり前になりましたが、周囲の見晴らしもよく、たしかに運転しやすそうかな、と感じました」。(ご主人)

「マツダの方が、専門的な話も分かりやすく教えてくれたので、クルマについてあまり詳しくない私にも興味が持てました。子どもも喜んでいましたし、こういう機会があったらまたぜひ来たいですね」。(奥様)

ハンドルやペダルが操作しやすく、自然に走れるのがいいですね。

ハンドルやペダルが操作しやすく、自然に走れるのがいいですね。

「Be a driver. Experience at 剣淵」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

カーラインナップ