「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

販売会社の神戸マツダが、お客様へ日頃の感謝の想いをお届けしようと企画されたイベントが、神戸ファッションマートにて開催されました。当日は、マツダの開発スタッフもお手伝いさせていただき、ロードスター開発主査のトークショーやチーフデザイナーによるプレゼンテーション、クルマづくりを支える技術展示を通じて、マツダのこだわりをご紹介しました。
会場では、新世代商品のフルラインナップはもちろん、マツダ787Bやコスモスポーツなどのレジェンドマシンなども展示。販売会社と一緒になって、ファンの皆さまと絆を深め合う一日となりました。

開催日:2016年6月4日、5日

  

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」参加者 加古さんご夫妻

マツダは、クルマそのものに対する熱意がすごいですよね。

所有車:CX-3
加古さんご夫妻

ものづくりへのこだわりを聞くことができて、
とても楽しかったです。

ものづくりへのこだわりを聞くことができて、とても楽しかったです。

「マツダデザインのブースでは、特にクレイモデルの展示が印象に残りました。まずデザインを形にするときに、クレイモデルから造りあげていくっていうのは初めて聞きました。プラスチックや金属部品で造っていると思っていたので、びっくりしましたね。実際にクルマを造っている方からコンセプトやこだわりの部分の話を聞くことができたのですが、デザインや性能だけじゃなくてクルマそのものに対する熱意をとても感じました!楽しそうに仕事の話をしてくださって、その熱い想いが今のマツダのクルマに表れているんじゃないかなあと思います。

そうやって実際に開発の方にお話をうかがって、クルマに対する意識もちょっと変わったと思います。CX-3はグリル回りのデザインが一番気に入っていて格好いい!と思っていますが、今後はそれとはまた違う視点で意識して見るようになるんじゃないかなと思ってます」。

予定も決めずにドライブすることも。
愛車は恋人のような存在です。

予定も決めずにドライブすることも。愛車は恋人のような存在です。

「CX-3の前はAZ-ワゴンに乗っていました。デミオに買い替えるつもりでお店に行きましたが、CX-3のデザインがすごく格好よくて、気になって試乗させてもらったんです。視界も広くて意外と運転しやすかったので悩んでしまって…。ディーラーの担当者さんにはじっくり相談に乗ってもらい、最後は背中を押してもらいました(笑)。

かれこれ10年近いお付き合いのある方で、普段からクルマの話はもちろんプライベートの話もよくしますが、まっすぐに自分の意見を言ってくれる方なので信頼しています。結局CX-3に決めましたが、運転が楽しすぎて週末には長いドライブに出かけています。本当に恋人のような存在です」。

予定も決めずにドライブすることも。愛車は恋人のような存在です。

予定も決めずにドライブすることも。愛車は恋人のような存在です。


「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

命あるものだけが放つ美しさを表現する。 デザイン本部長 前田 育男

二人のチーフデザイナーによる、デザイン対談 CX-3×ロードスターチーフデザイナー

マツダのデザインが日本車の美しさを引っ張っていく。DESIGN TOUCH 2015取材会レポート

クルマ好き同士のコミュニケーションが嬉しい。九州マツダスタッフ/KYUSHU MEETING 2015

カーラインナップ