「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

販売会社の神戸マツダが、お客様へ日頃の感謝の想いをお届けしようと企画されたイベントが、神戸ファッションマートにて開催されました。当日は、マツダの開発スタッフもお手伝いさせていただき、ロードスター開発主査のトークショーやチーフデザイナーによるプレゼンテーション、クルマづくりを支える技術展示を通じて、マツダのこだわりをご紹介しました。
会場では、新世代商品のフルラインナップはもちろん、マツダ787Bやコスモスポーツなどのレジェンドマシンなども展示。販売会社と一緒になって、ファンの皆さまと絆を深め合う一日となりました。

開催日:2016年6月4日、5日

  

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」参加者 黒田さん親子

今、国産車の中で一番突出しているクルマだと思います。

所有車:アクセラ、ロードスター(NC)
黒田さん親子

人の心を打つものがつくりたい、
その想いがあるからこそのデザインを感じます。

人の心を打つものがつくりたい、その想いがあるからこそのデザインを感じます。

「デザイナーから直接貴重な話を聞くことができて、とても面白かったです。『人の心を打つものがつくりたい』、つくり手が本当にそう思って考え抜いて造っているからこそ、使い手もそれを感じられるんだと思いますよ。アクセラに乗り始めてからは、友人に『格好いいクルマね』『外車なの?』ってよく言われるようになりました!クルマに興味のなかった人達からもそう思われるって、やっぱりデザインが良いからですよ」。(お母様)

「マツダは魂動デザインを掲げてから、クルマづくりの姿勢が明らかに変わりましたね。『群で魅せる』という姿勢、これは日本では初めてじゃないですか。他のメーカーだと車種のブランドを作る取り組みが多いけど、マツダはアテンザからデミオまで、ブランド全てをぐっとワンランクアップさせようとしている。それを周知させようとしている動きも感じますし、その姿勢がいいですね」。(息子さん)

「ディーラー」という展示の部分にまで至る
トータルデザインは、日本になかったコンセプト。

「ディーラー」という展示の部分にまで至るトータルデザインは、日本になかったコンセプト。

「ディーラーにはよく足を運びますが、行くと担当者さんだけじゃなくてサービスフロントスタッフさんも声をかけてくださるんですよ。神戸マツダさんにはもう20年お世話になっていますが、とってもいいお付き合いをずっとさせてもらっています。リニューアルした灘店も店舗デザインがとても素敵だなと思います」。(お母様)

「『群』として車種を超えて、展示の部分までトータルでデザインするブランドというのは、日本のクルマメーカーでは初めてだと思います。マツダのブランド力は、コンセプトカーから全て一定水準を誇れるクルマを造っている。そんなマツダに乗ってるんだよって胸を張れますね」。(息子さん)

「ディーラー」という展示の部分にまで至るトータルデザインは、日本になかったコンセプト。

「ディーラー」という展示の部分にまで至るトータルデザインは、日本になかったコンセプト。


「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

命あるものだけが放つ美しさを表現する。 デザイン本部長 前田 育男

マツダのデザインは日本の美を意識しています。クレイモデラー 加藤 賢二

ヨーロッパとは異なる、日本的な美意識を感じます。DESIGN TOUCH 2015取材会レポート

走る楽しさやクルマの魅力をお伝えしたい。東北マツダスタッフ/TOHOKU MEETING 2015

カーラインナップ