Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー(主催:B-Sports)」のベーシッククラスが、8月8日(土)に岡山国際サーキットにて開催されました。このアカデミーは、車を意のままに気持ちよく操るとともに、安全に走るための理論と技術を身に付ける体験&トレーニングです。より多くのお客さまに、日常では正しく身に付けられない「走る・曲がる・止まる」の基礎訓練を通じて、運転技量や安全運転の意識向上に役立ていただくことを目的に、ニーズやレベルに応じたカリキュラムが用意されています。
講師は専門のインストラクターやプロのドライバーに加えてマツダの開発スタッフも参加させていただいています。アカデミーでは、基礎的な座学と実技の他、マツダのクルマづくりのこだわりを紹介する講座も。ドライビングを基礎から学ぶ 「ベーシッククラス」 と、ベーシッククラスを受講されてステップアップしたい方やスポーツドライビング経験者向けの「アドバンスクラス」の2クラスが設定されています。

  

福吉さん

ロードスターの購入を機にドライビングスキルを上げたいと思い参加しました

所有車:ロードスターND
福吉さん

“人を中心としたクルマづくり”を理解し納得しました

今年の5月にロードスターを購入し、ドライビングスキルを上げたいと思っていた時にこのアカデミーを知りました。クルマを売った後も、メーカーも一緒になってこのようなサポートを提供してくれることに好感を持ちます。「人馬一体講座」や開発者の方からレクチャーを受けて、ドライバーが自然な姿勢で運転できるための“人を中心としたクルマづくり”を理解し体感できました。

福吉さん

参加前にマツダの公式サイトで「人馬一体」などについて読んでいたのですが、マツダの皆さんから直接解説いただき、クルマへの想いも伝わってきて同じクルマ好きとして共感しました。レクチャーいただいたドライビングポジションは、最初は普段よりも少し窮屈に感じましたが、スムーズにステアリングを切ることができブレーキングもしっかり踏めて、これが理想のポジションなんだと納得しました。

足が疲れにくくなった、
マツダのオルガン式アクセルペダル

指定速度から急激にブレーキをかけて減速し、安全に短距離で停止する急制動のレッスンでは、思った以上にブレーキを踏み込めていないことが分かり、ここで経験できて良かったです。もしもの時にも焦らずグッとブレーキを踏み込み、ABSが作動した振動にも冷静でいられると思います。実際に経験することの大切さを実感しました。それと、プロのドライバーの同乗走行は、スピード域が全く違い、ステアリングの操作もクイックで凄かったです。また、以前乗っていたクルマは吊り下げ式のペダルだったため、マツダのオルガン式アクセルペダルはかかとが離れることなく安定して踏み込めると感じました。普段運転していても、リラックスした状態で足が疲れにくくなったと感じています。ロードスターに乗ってから運転が楽しくなり、以前よりもドライブに行く時間も増えました。ロードスターは素直に動いてくれて、走っていて気持ちがいいです。これからもっとクルマとの時間を楽しんでいきたいです。

福吉さん

福吉さん

福吉さん

マツダ・ドライビング・アカデミー 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ