Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー(主催:B-Sports)」のベーシッククラスが、8月8日(土)に岡山国際サーキットにて開催されました。このアカデミーは、車を意のままに気持ちよく操るとともに、安全に走るための理論と技術を身に付ける体験&トレーニングです。より多くのお客さまに、日常では正しく身に付けられない「走る・曲がる・止まる」の基礎訓練を通じて、運転技量や安全運転の意識向上に役立ていただくことを目的に、ニーズやレベルに応じたカリキュラムが用意されています。
講師は専門のインストラクターやプロのドライバーに加えてマツダの開発スタッフも参加させていただいています。アカデミーでは、基礎的な座学と実技の他、マツダのクルマづくりのこだわりを紹介する講座も。ドライビングを基礎から学ぶ 「ベーシッククラス」 と、ベーシッククラスを受講されてステップアップしたい方やスポーツドライビング経験者向けの「アドバンスクラス」の2クラスが設定されています。

  

瀬川さん

前回は夫が参加、今回は私の番。夫婦でマツダ車を楽しんでいます

所有車:キャロル
瀬川さん

運転スキルを上げて“意のままに操る”を体感したい

運転スキルが上がったら、もっと運転が楽しくなると思い参加しました。頭と視覚で理解してから実践できるカリキュラムが組まれていて、クルマの性能と自分のスキルを知ることができました。特にABSの性能や使い方を改めて学べたことは、いざという時に落ち着いて危険回避できる自信に繋がり、安全運転への意識が高まりました。

瀬川さん

自分のクルマで、自分の運転で体感することができて良かったです。また、「人馬一体講座」で“カーブを曲がる際にステアリングをこまめに修正してしまう人が多い”という動画を用いた解説があり、自分もそうだなと気づかされました。今までの運転では、マツダの考える“意のままに操る”が出来ていなかったと知りました。人馬一体になって意のままに操ることができたら、本当の“走る歓び”を感じられるんだろうなと思います。

メッセージだけじゃなく
“走る歓び”を体感して欲しいという姿勢が嬉しい

マツダは“走る歓び”というメッセージをCMなどのコピーとしてだけでなく、体感できる場として提供してくれているのがなんだか嬉しいです。今日も実際に開発している方が、開発の意図や理想的な乗り方をご自身の言葉で直接説明してくれるので、分かりやすく想いも伝わってきました。こういったオーナーとの関わりがクルマとマツダへの理解に繋がり、信頼と愛着が増すんじゃないかな。
前回夫がアドバンスクラスに参加し、今回は私がベーシッククラス。夫婦でマツダ車を楽しんでいます。次は私もアドバンスクラスにチャレンジしてみたいですし。女性がもっと気軽にクルマを楽しめて、運転を好きになるきっかけづくりになる場が増えるといいなと期待しています。

瀬川さん

瀬川さん

瀬川さん

マツダ・ドライビング・アカデミー 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ