Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー 2015

「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー(主催:B-Sports)」のベーシッククラスが、8月8日(土)に岡山国際サーキットにて開催されました。このアカデミーは、車を意のままに気持ちよく操るとともに、安全に走るための理論と技術を身に付ける体験&トレーニングです。より多くのお客さまに、日常では正しく身に付けられない「走る・曲がる・止まる」の基礎訓練を通じて、運転技量や安全運転の意識向上に役立ていただくことを目的に、ニーズやレベルに応じたカリキュラムが用意されています。
講師は専門のインストラクターやプロのドライバーに加えてマツダの開発スタッフも参加させていただいています。アカデミーでは、基礎的な座学と実技の他、マツダのクルマづくりのこだわりを紹介する講座も。ドライビングを基礎から学ぶ 「ベーシッククラス」 と、ベーシッククラスを受講されてステップアップしたい方やスポーツドライビング経験者向けの「アドバンスクラス」の2クラスが設定されています。

  

加納さん

1番の驚きは“理想的なドライビングポジション”の効果

所有車:アテンザワゴン
加納さん

愛車への理解が深まり、信頼と愛着が深まりました

3月にアテンザワゴンを購入し、初めてのマツダ車だったので何か愛車をもっと楽しめるイベントがないかと探していたところ、このアカデミーを知りました。以前、違うメーカーのドライビングレッスンに参加したことがあったのですが、その時はメーカー側で用意したクルマだったので、今回は自分のクルマで参加できたのが本当によかったです。

加納さん

座学で理論的に理解した上で、安全な設備が整った環境で実技に移り、自分のクルマの性能について理解が深まりました。最初に実技から入っていたら、操作することに集中してしまったと思うので、しっかり考えられたカリキュラムだと感じました。特に“理想的なドライビングポジション”が一番の驚きでした。教えていただいたポジションは、今まで自分が一番楽だと思っていたポジションとは別物で、本当にリラックスした状態で運転しやすくなりました。自然な姿勢で、真っ直ぐにブレーキを踏み込める。マツダの“人を中心としたクルマづくり”とはこういうことかと理解できました。今日の経験で急ブレーキが必要な場面でも、焦らずにクルマと自分を信用してブレーキを踏み込めると思います。

マツダのクルマを楽しむ層は広いんだとわかりました

今日このイベントに参加するまでは、RX-7や8、ロードスターなどスポーツタイプのクルマが多いのかと思っていたのですが、キャロルやデミオや私と同じアテンザの方もいて、マツダのクルマを楽しむ人の層は広いんだとわかりました。実はマツダのクルマってロータリーエンジンとかコアな層向けのイメージがあったのですが、アテンザに乗って今日参加してイメージが変わりました。今までずっと他のメーカーのクルマに乗っていたのですが、信号待ちしていた時にディーラーに並んでいる姿を見て一目ぼれして、次はアテンザだ!と決めました。ディーゼルでも静かですごくパワーがあって、思っていた以上に燃費がよく本当に気に入っています。以前よりクルマと過ごす時間が増えました。これからもクルマを楽しむこういったイベントが増えていくといいですね。今日はマツダの方との交流も楽しく、とても充実した1日を過ごせました。

加納さん

加納さん

加納さん

マツダ・ドライビング・アカデミー 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ